クリスマスの大定番!ブッシュドノエルの意味と由来は?

Pocket

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%8e%e3%82%a8%e3%83%ab%ef%bc%91

クリスマスケーキと言って
1番に思い出すのは、
薪の形をしたブッシュドノエル!
という人は多いですよね。

でもよくよく考えてみると、

なんでクリスマスに、
薪の形のケーキを食べるんだろう?

と不思議に思ったことはありませんか?

すっかりクリスマスの定番となっている、
このブッシュドノエルですが、
一体どんな理由でクリスマスに
食べられるようになったのでしょう。

そこで今回は、
ブッシュドノエルの意外と知られていない意味と由来
を、簡単にお伝えしましょうね。

Sponsored Link

ブッシュドノエルの言葉の意味は?

ブッシュドノエルとは、19世紀半ばに
フランスのパリで作られるようになった、
伝統のあるケーキです。

ブッシュドノエルはフランス語で、
「buche de Noel」と書かれ、
「ブッシュ(buche)」は薪や切り株を、
「ノエル(Noel)」はクリスマス
意味した言葉なんですね。

つまりブッシュドノエルとは、
単純に「クリスマスの薪」という
意味を持ったケーキということ。

もちろんこの名前の意味の通り、
ブッシュドノエルはロールケーキなどで
薪や切り株のような形に作られています。

一般的にはチョコレートクリームなど、
薪のような茶色のものが主流ですが、

最近では白やピンクなどの、
カラフルなブッシュドノエル
販売されているようですよ。

Sponsored Link

ブッシュドノエルをクリスマスに食べる由来とは?

ではどうしてクリスマスに、
薪の形をしたケーキを
食べるようになったのでしょう。

その由来にはいくつかの説があります。

◆キリストの誕生に関する説

キリストの誕生日にあたるクリスマスには、
暖炉で薪を夜通し燃やして祝うという、
昔ながらの風習がありました。

またこの薪から出た灰は、
翌年の魔除けとされていたようです。
 
この薪をイメージしたケーキとして、
ブッシュドノエルが作られたといわれています。

◆貧しい青年のプレゼント説

貧しさゆえに恋人へのプレゼントを
買うことが出来なかった青年が、

「せめてクリスマスを温かく過ごしてもらおう」
と考え薪を恋人にプレゼントした事が
由来という説があります。

本当の薪だったプレゼントが、
時を経て薪の形をしたケーキに
変わっていったなんて、
ちょっとロマンチックな話ですよね。

◆北欧の言い伝え節

「樫の薪を暖炉で燃やすと無病息災となる」
という北欧の言い伝えを元に、
縁起物として作られるようになったという説。

どの説にしても、クリスマスと薪には
切り離せない関係があるようですね。

まさにブッシュドノエルの形は、
なるべくしてなったものと言えるでしょう。

%e3%83%95%e3%82%99%e3%83%83%e3%82%b7%e3%83%a5%e3%83%88%e3%82%99%e3%83%8e%e3%82%a8%e3%83%ab%ef%bc%92

クリスマスの大定番!ブッシュドノエルの意味と由来は? まとめ

いつもは何気なくクリスマスケーキとして
購入していたブッシュドノエルですが、
その意味や由来を知ると感慨もひとしお。

ぜひ今年のクリスマスは、
薪の形をしたブッシュドノエルを
家族みんなで食べながら、
一年の無病息災を願いたいと思います。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ