クリスマスツリーの飾りに深い意味があることを知ってますか?

Pocket

christmas-tree-997643_640

クリスマスツリーの飾りと言えば、
あなたは何を思い出しますか?

キラキラした星や真っ赤なりんご、
スティックの形をしたキャンディーなど、
たくさんの飾りが頭に浮かぶのでは
ないでしょうか。

ところでこれらの飾りですが、
クリスマスツリーに飾るのには
1つ1つにきちんとした意味があります。

「クリスマスツリーに星を飾るのはなぜ?」

なんて子供に聞かれても、
ちゃんと上手に答えられるよう、
キレイなだけじゃない飾りの意味
今回は簡単にお伝えしますね。

Sponsored Link

クリスマスツリーの飾りの意味とは?

クリスマスツリーの飾りには、
いろいろな物がありますが、
主流となっている飾りの意味は
次の通りになっていますよ。

◆一番上に飾る星

クリスマスには1番欠かせない飾り!
と言っても過言ではない星。

これはキリストの誕生時に、
東の空に輝いた「ベツレヘム」
という星を指しています。

このベツレヘムに導かれ3人の賢者が、
キリストの誕生を知ったという
逸話が有名ですね。

これらのことから星には、
「希望」「輝き」「賢者」
という意味が込められています。

◆カラフルな玉

クリスマスツリーに飾る玉は、
アダムとイブの逸話に出てくる、
知識の実であるりんごを簡略化したものです。

これが時間を経ることで、
色により異なる意味を持つことに。

赤はりんごやキリストの血を、
白は純潔、緑は永遠、
金や銀は高貴で気高いキリスト
を、
現在では意味しているんですね。

christmas-189891_640

◆ベル

キリストが生まれたことを知らせる
喜びのベルが表現されています。

また羊の首に付いているベルを
意味しているとも言われ、
ベル自体に道に迷わないという
邪気払いとしての意味が込められているんですよ。

◆スティックキャンディー

キリスト教の例えとして、
神様は羊飼い、人は羊と表現されています。

このスティックキャンディーは、
道に迷った羊(人)を助ける
羊飼い(神様)のスティックを
表現しているんだとか。

意味としては、
助け合いの心を表現した飾りなんですね。

◆赤い実を付けた柊の葉

柊の葉は、十字架にはりつけられる際に
キリストが被せられた棘の冠を、
赤い実はキリストの血を表現しています。

またトゲトゲした葉の形から、
魔除けの意味が込められています。

bokeh-1279627_640

◆キャンドルやイルミネーション

明るく輝くこれらは、
キリストの象徴ともされる
世を照らす光を意味しています。

すっかり定番の飾りですが、
宗教改革で教科書にも載っている、

かの有名なマルチン・ルター
モミの木々の間から見える星に感激し、
クリスマスツリーで再現したのが
始まりと言う説があるんですよ。

Sponsored Link

クリスマスツリーの飾りに深い意味があることを知ってますか? まとめ

クリスマスツリーの飾りには、
キチンとした意味がありました。

さすがにクリスマスのお祝い自体が
キリスト教のものなので、

キリストに関する意味がほとんどですが、
どれも深い意味が込められていることに
正直驚いた人も多いのでは?

今年のクリスマスツリーは、
昔の人と同じように、

飾りの意味と願いを込めて、
1つ1つ丁寧に飾り付けをしましょう。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ