クリスマスツリーに使われる木や飾りの正しい名前を知ってる?

Pocket

100053

毎年クリスマスになると、
おもちゃ屋さんで購入した
クリスマスツリーを飾る我が家。

どこの家庭もそうだろうと思いきや、
最近では本物の木を使った
クリスマスツリーを準備したり、

ネットなどで購入した外国産の飾りを
お洒落に飾り付けるなど、
こだわった家庭が増えているのだとか。

でもクリスマスツリーには
どんな木がいいの?

何気なく「星」「玉」と呼んでいる、
飾りの本当の名前って一体なに?

などと知らないことが多いんですよね。

そこで今回は、
クリスマスツリーに使われている
木と飾りの名前
についてお伝えしましょうね。

Sponsored Link

クリスマスツリーに使われる木の名前は?

クリスマスの木と言えば、
冬場でも葉の落ちない常緑樹ですよね。

日本でも簡単に手に入り、
クリスマスツリーに適した木は、
主に次の3種類となるようです。

◆ウラジロモミ

クリスマスツリーとなると「モミの木」
を想像する人がほとんどですよね。

日本特産のモミの木で購入しやすく、
手入れもしやすいということで、
ウラジロモミはクリスマスツリーとして、
日本で最も利用される木となっています。

大きく成長する木なので、
一戸建ての家庭の庭に
植えている場合が多いようですよ。

◆ヨーロッパトウヒ

正確にはモミの木ではなくトウヒの木ですが、
モミの木と見分けがつかない姿で、
ヨーロッパではよくクリスマスツリーとして
利用されている木です。

こちらも大きく成長するので、
庭に植える場合がほとんどですが、
三角形の姿がツリーにピッタリですよ。

◆ゴールドクレスト

黄緑色のスラッとした姿の木です。

日本では鉢植えで販売されることが多く、
横に広がらずすぐに大きくならことから、
マンションなど場所のとれない家庭に
人気となっているようですね。

ちなみにこの3種類の木ですが、
どちらも1mほどの高さ
5,000円程度の価格になります。

意外とお安く感じますよね。

Sponsored Link

意外と知らないクリスマスツリーの飾りの名前は?

テーマに合わせた飾りのことを、
大まかに「オーナメント」と呼びます。

つまりクリスマスの飾りのことは単純に、
「クリスマスオーナメント」
が正しい呼び名と言うことになりますね。

このクリスマスオーナメントですが、
私達が普段何気なく「星」「玉」と呼ぶ飾りにも、
キチンとした名前があるんですよ。

・星…トップスター、またはベツヘレムの星
・玉…クーゲル
・飾り紐…ガーランド、またはモール
・杖…キャンディケイン
・天使…トップエンジェル

あまり聞いたことのない名前ばかりですよね。

ちなみに日本ではまだまだ
馴染みのない名前なので、

日本のネットショップで検索しても
出てこない場合もあるので
今のところ注意が必要ですよ。

christmas-1442447_640

クリスマスツリーに使われる木や飾りの正しい名前を知ってる? まとめ

クリスマスツリーの飾り付けには、
大人も子供もついつい可愛くしようと
こだわってしまいますよね。

クリスマスマーケットや
海外のネットショップなどで販売している、

外国産の可愛い飾りや本物の木を使った
本格的なクリスマスツリーを!
と考えている人も多いはず。

その際はぜひこれらを参考に、
あなたのこだわり全開の
素敵なクリスマスツリーを準備して、
楽しいクリスマスを過ごして下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ