初めての海外旅行!液体の持ち物はどうしたらいい?

Pocket

frog-897420_640

初めての海外旅行は楽しみですが、
何かと分からないことばかりで、
不安になることが多いものです。

その中でも特に気になるのが持ち物!

近年はセキュリティーの問題から、
液体を始めとする持ち物の制限事項
とても厳しくなっているようですね。

そこで初めての海外旅行での不安を
少しでも減らすために、
今回は国際線に乗る場合の
液体持ち込みの注意事項を、
しっかりとお伝えしましょうね。

Sponsored Link

海外旅行では液体の持ち物はどうしたらいいの?

国際線の飛行機に乗る場合の持ち物は、

・手荷物として機内に持ち込む
・スーツケースなどに入れカウンターに預ける

この2つの方法がありますよね。

実は液体の持ち込みに制限事項があるのは、
手荷物として機内に持ち込む場合のみ!

なのでスーツケースに液体を
入れることには問題がないんです。

では手荷物として液体を持ち込むには、
どんな制限事項があるのでしょうか。

▼100mlの容器に入れる
容器に色や形の制限はありません。

また勘違いする人が多いようですが、
350mlのペットボトル
100ml以下の液体しか入っていなくても、
機内に持ち込めないので注意してくださいね。

▼液体入りの容器を容量1リットル以内の
透明なビニール袋に入れる

縦横の合計が40㎝以内で、
マチのない透明なビニール袋に、
100mlの容器を入れて機内に持ち込みます。

また検査員が開封する場合もあるので、
ジップロックのような、
再封可能な袋が便利ですね。

▼ビニール袋は1人1袋まで
家族の分を1人がまとめて持つと、
保安検査場で放棄することになります。

必ず1人1袋を守って下さいね。

以上が、液体の機内持ち込みの
制限事項となっています。
 
ちなみに保安検査が終了後に、
売店などで購入した飲み物は
機内に持ち込み可能です。

飲み物を買う場合は、
飛行機に乗る直前にしましょうね。

Sponsored Link

海外旅行の持ち物で液体に該当するものは?

海外旅行の持ち物での液体とは、

「水分を含むもの」

が該当します。

ジュースや化粧水など
わかりやすい物ばかりではないので、
注意が必要ですよ。

▼液体に該当するもの
美容品…シャンプー、ハンドクリーム、歯磨き粉、
    マスカラ、リップグロス、マニキュア、
    ジェルやスプレー類全般など

食品…味噌、漬物、缶詰、練りワサビ、蒟蒻、
   プリン、ヨーグルトなど

▼液体でも持ち込みが可能な物
薬…目薬、液状風邪薬や胃腸薬、咳止めシロップ
  コンタクトレンズ保存液、熱冷シート

食品…乳幼児食品、母乳、糖尿病患者用食品

意外と美容品に、
液体に該当するものが多いことに
驚いたのではないでしょうか。

機内は乾燥が強い場合が多いので、
必要最低限の保湿クリームに
持ち込みを絞ることをオススメします。

また例外として持ち込みが出来るものでも、
医薬品として検査員に申し出る必要が!

出発の際は日本語なので大丈夫ですが、
海外の移動時でも説明できるように、
事前の準備を怠らないようにして下さいね。

manicure-870857_640

初めての海外旅行!液体の持ち物はどうしたらいい? まとめ

海外旅行で液体を入れる容器や袋ですが、
中身がきちんと確認できるものであれば、
ワンポイントの絵柄があっても
比較的問題は無いようです。

それでも心配な場合は、
空港で販売しているので、
そちらを利用すると間違いないですね。

初めての海外旅行の出発前に、
液体の制限事項を知らないために
没収となってしまったら、
ちょっとガッカリな旅の出発に
なってしまいます。

そうならないためにも、
液体の持ち込みには注意してくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ