おはぎとぼたもちには何か違いはあるの?

Pocket

567151a042cb1ed77e0928295e95c875_s

「棚からぼたもち」
ということわざにもなるくらい、
昔から日本人に親しまれている、
美味しい「ぼたもち」

でもその姿は「おはぎ」にそっくりで、
その違いがわからない、
なんて人も多いですよね。

では「おはぎ」と「ぼたもち」
違いはなんでしょうか?

そもそも違いはあるのでしょうか?

今回は日本人なら気になる、
「おはぎ」と「ぼたもち」について、
お話ししましょう。

Sponsored Link

おはぎとぼたもちの違いとは?

どちらもあんで包まれた、
おはぎとぼたもちですが、
漢字で書くと次のようになります。

おはぎ…お萩
ぼたもち…牡丹餅

これを見てお分かりの方も
いると思いますが、

おはぎは秋に咲く”萩の花”を、
ぼたもちは春の花である、
”牡丹”を名前の由来としています。

つまり、おはぎとぼたもちは、
まったく同じものですが、

・秋の彼岸に食べるものを「おはぎ」
・春の彼岸に食べるものを「ぼたもち」

と呼び分けているんですね。

またあまり知られていませんが、
その他の季節である、
夏や冬にも、
特別な呼び名があります。

こちらの場合は季節の花ではなく、
杵(きね)をつかずに作られる様子から言われる、
「つき知らず」の語呂合わせが、
由来となっています。

簡単に説明すると、
夏の夜の船はいつ着いたか分からない、
「着き知らず」という状態から
夏の季節は「夜船」と。

また冬の北側の窓からは、
月が見えない「月知らず」の様子から、
冬は「北窓」
呼ばれるようになったんですね。

いかがですか?

季節によって呼び名を変えるなんて、
四季折々の行事を大切にする、
日本らしい習慣ですよね。

Sponsored Link

おはぎは粒あん!ぼたもちはこしあん!と言われる理由

ところで地域によっては、
粒あんのものは「おはぎ」
こしあんのものは「ぼたもち」と、
考えられているところがあります。

これには明確な理由があり、
あんこになる小豆の収穫時期が、
深く関係していることが分かっています。

収穫されたばかりの秋では、
小豆の皮も柔らかいので、
粒あんで包んで食べる。

一方、冬を越すことで、
皮が堅くなった小豆を使う春では、
皮を除いたこしあんで食べる。

そんな小豆を、
美味しく食べるための習慣が根づいている、
地域特有の考え方というわけなんですね。

小豆

また大きいのがぼたもち
小さいのがおはぎ
とする地域もあります。

これは単純に、
牡丹と萩の花の大きさを模して作っている
と言われているからです。

基本的に、おはぎもぼたもちも、
同じとされる食べ物ですが、
地域によって、
微妙に考え方の違いがあります。

それだけ日本人にとっては、
馴染み深い食べ物
だということなんでしょうね。

まとめ

近年ではお店によって、
一年中「おはぎ」
として販売しているところが多いですよね。

おはぎもぼたもちも同じ物なので、
特に問題はありません。

でも出来ることなら、
春はぼたもち、秋はおはぎと、
季節に応じた名前で呼びたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ