これから毎日履く子供の上履き!おすすめの選び方は?

Pocket

上履き

子供が学校生活を過ごす中で、
一番長く履いているのが、
上履きですよね。

学校で上履きの指定を
されている場合もありますが、

そうでなければ、
子供の足や健康のためにも、
正しい上履きを選んであげたい!
そう思う人は多いはずです。

でも子供のためには、
一体どのようにして、
上履きを選べばいいのでしょうか?

そこで今回は、
子供の上履きを選ぶ方法について、
お話ししますね。

Sponsored Link

子供の上履きのおすすめな選び方とは?

子供の足のことを考えると、
どの靴よりもデザインではなく、
内容を重視したい上履き。

そんな上履きの選び方には、
4つの基本的ポイントがあります。

1.サイズに合ったものを選ぶ
すぐに履けなくなるから!
という理由で大きめを買わず、
子供の足に合ったサイズを選びましょう。

2.つま先に余裕があるものを選ぶ
つま先に5㎜程度の余裕があると、
足の指が自由に動かせて、
土踏まずをしっかりと作ることができます。

3.かかと部分を見極める
子供の足はまだ未発達なので、
かかと部分は安定している、
または弾力があるものを、
選ぶことが重要です。

4.靴の曲がり具合を確認する
足の付け根にあたる部分が、
しっかりと曲がるかどうか、
確認しましょう。

ただし、曲がると言っても、
靴底が薄い物だけのものを
選んではいけません。

つまりこの4つのポイントを、
しっかりと押さえることで、
子供に合った上履きを選べるんです。

子供の足は1年間に、
平均1㎝ほど大きくなるそう。

この事を踏まえて、
子供の上履きは、
こまめに購入する必要があるんですね。

Sponsored Link

子供の足に合わない上履きを履き続けると?

では子供が、
足に合わない靴を履き続けると、
一体どうなるのでしょうか。

未発達な子供の足や指は、
大人の足とは大きく違い、

とても柔らかいので、
ちょっとした外圧で、
簡単に変形するという問題があります。

例えば指先が、
ハンマーのように曲がってしまう
「ハンマートゥ」や、

小指などが内側に曲がる、
「内反小趾(ないはんしょうし)」

指先が地面につかない、
「浮き指」などが、
子供の足の変形に多いと
言われているんですね。

ちなみに子供の場合は、
あまり痛みを感じず、
子供自身が変形していることに気付きません。

大人も見過ごし、
結果放置されている、
そんなケースが多いようです。

気づいたときには悪化していて、
手術をしなくてはならない場合も!

この事からも、
子供の足に合った上履きを選ぶ大切さ
がよくわかりますよね。

上履き1

私達大人にとっても、
足の変形はとても辛いものです。

実は私も以前に「外反母趾」を患い、
手術することになった、
辛い経験があります。

子供には、
そんな辛い思いをさせたくはない!

だからこそ、
子供の靴、特に上履きは、
正しい物を選んであげたいものです。

以上のことを参考に、
ぜひ子供の足を守ってくれる
上履きを選んでくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ