冬の暖房器具 省エネできるおすすめの使い方!

Pocket

montestrutto-190471_1280

寒い冬を温めてくれる暖房器具
今は、昔に比べると種類がたくさんあります。

その中でも、
「省エネ」と言われた製品が多数ありますが、
省エネってイマイチよくわかりませんよね?

そこで、暖房器具の種類や特徴
省エネできるおすすめの使い方や、
組み合わせなどを、一緒に勉強しましょう!

Sponsored Link

暖房器具のメリット・デメリット

まず、暖房器具は、
大きく2つに分類されます。

1つは、エアコンやファンヒーター、
石油ストーブなど、
部屋の空気を暖めるタイプ

もう1つは、
ホットカーペットやこたつなど、
身体を直接暖めるタイプ

それぞれにメリット・デメリットがあり、
組み合わせ次第では省エネになるアイテムもあります。

・エアコン
メリット・・・安全で、部屋全体を暖める能力が高く、
       使い方次第で電気代が安くなる。 

デメリット・・・空気が乾燥しやすい。
        機器代が高い。

・石油ストーブ 石油ファンヒーター
メリット・・・部屋全体をすぐに暖める能力が高い。

デメリット・・・灯油の購入や補給に手間がかかる。  
        換気が必要で灯油独特の臭いがする。

・ホットカーペット
メリット・・・他の暖房機器と併用しやすい。

デメリット・・・暖房効果の範囲が限られている。

・こたつ
メリット・・・すぐに暖まり、部分暖房の効果は高い。

デメリット・・・ごく一部しか暖房効果がない。

部屋全体を暖める事に優れた暖房機器
身体を直接暖める暖房機器

それぞれのメリットを活かした使い方が出来れば、
省エネに繋がるはず!

次は各機器の省エネできる、
おすすめの使い方と組み合わせを紹介をします。

Sponsored Link

キレイ好きは省エネ上手!

エアコンやファンヒーターのフィルターは、
いつもキレイにしておきましょう。

フィルターにホコリが詰まっていると、
ファンを動かす電力が増加して、
暖房効率が悪くなります。

石油ストーブもお手入れが大切。

背面の反射板が汚れていると、
暖房効率が悪くなる原因になります。

キレイに拭いておけば、暖房効果もよくなります。

フィルターは、約2週間おきに掃除するのが理想です。

いやいや、2週間おきって…
我が家、ヤバイですよ(笑)

どんだけ無駄な電気代を費やしたんだろう?
早速、フィルター掃除します!

f946df002a4b249468d968c04c6afbdb_s

ホットカーペットとこたつの二刀流でポッカポカ

ホットカーペットの上にこたつを置くと、
今まで上部へ逃していた熱が保温できて、
熱効率が良くなるので、

ホットカーペットだけでは寒かった身体も、
こたつに入れば全身がポッカポカ

こたつが出せない場合などは、
ひざ掛けや毛布などを使うと、
熱が逃げにくくなって、足元が寒くなりません

設定温度を少し下げても温かく過ごせますよ。 

こたつ

電気いらずの石油ストーブ

ズバリ!電気入らず!
ですが、灯油と言う別のエネルギーを使います。

しかし、石油ファンヒーターのように、
電気+灯油ではなく灯油のみで済みます。

灯油の価格によりますが、
灯油代のみと言った点や、
震災時に活躍した事から、
石油ストーブが見直されています。

震災時には照明代わりになり、
時には簡易コンロとして利用されました。

冬になると、
我が家のストーブの上には、
おでんや粕汁などのお鍋がのっていました。

お餅なんかも焼きましたね。

まだまだ暖房機器はたくさんあります。

各ご家庭に合った機器を選び、上手に使って、
「省エネ」「節約」
を意識した冬を過ごしてください。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ