加湿器のカビ対策!効果テキメンの予防と除去方法!

Pocket

落ち葉の上で寝転がる女性

乾燥が気になる冬の季節になりましたね。

そんな時は加湿器の出番ですが、
加湿器には、
常にカビへの心配がつきまといます。

きちんと掃除しないで、
久しぶりに使おうと思ったら、
カビが生えていた!

なんてことありませんか?

分かってはいるけど、
加湿器の掃除は面倒。

そんなあなたに、
加湿器のカビ対策と、
簡単なカビの除去方法を教えます。

Sponsored Link

加湿器のカビが生やさない対策法!

加湿器にカビが生えないようにする対策法は、
実に簡単です。

それは、カビが嫌う環境を作ること!

つまり効果的な対策方法は、

・使わないときは加湿器のタンクを空にする。
・タンク内の水は1日たったら全部交換する。

このたった2点だけなんですね。

カビは湿度80%気温25度ほどの、
環境が大好きです。

当然使用中の加湿器は、
湿気を帯びているのはお分かりですよね。

また、後で使うからとそのままにしておくと、
タンクの中の水は、
あっという間にカビ菌や雑菌だらけ
なってしまいます。

ここは面倒がらず、
2点の対策法を行ってください。

また、意外と忘れがちですが、
加湿器には必ず、
水道水を使用しましょう。

浄水器を通った水や、ミネラルウォーターでは、
カルキを代表する殺菌成分が少なく
水にカビ菌が発生するスピードが、
早くなってしまいます。

こちらも要注意ですね。

Sponsored Link

加湿器の簡単なカビの除去方法は?

加湿器のカビの除去方法は、
カビの生え具合によって異なります。

久しぶりに使う時や、
目に見えるカビが加湿器に付いている時は、
酸素系漂白剤を使うといいでしょう。

除去方法は簡単です。

1.加湿器のカビが生えている箇所を外し、
カビがつかるくらいの水に入れる。

2.漂白剤の量を各漂白剤の説明通りに入れ、
1時間ほど浸けておく。

3.取り出しぬるま湯でよくすすぐ。

以上で終わりです。

が、これでもカビが落ちなければ
加湿器のメーカーに問い合わせるか、
買い替えることをおすすめします。

加湿器からのカビによって、
体調を崩す事例もあるので、
ここは慎重になった方が安全です。

乾燥1

次に、通常のカビ除去方法には、
口に入れても安全なクエン酸を使います。

1.タンクにクエン酸を大さじ2杯程度入れ、
1時間ほど普通に加湿器を使用します。

2.終わったら、タンク内を水ですすぎ、
本体は軽く水分を拭きます。

3.外せる部品を水に浸し、
クエン酸を大さじ3杯程度入れ、
2時間ほど放置します。

4.終わったら水ですすぎ、乾燥させる。

以上です。
こちらも簡単にできますよね。

ちなみに喘息の家族がいる我が家では、
月に1回は酸素系漂白剤で洗浄し、
週に1回重曹で洗浄しています。

本体は水につけてすすぐだけなので、
他の家事の合間にできて、苦になりません。

加湿器は、
定期的な掃除が必要なものと考えてください。

体調を考えて加湿しているのに、
病気になるなんて、
泣くに泣けないです。

こまめな掃除を心掛けて、
清潔な状態で加湿してくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ