加湿器の種類別で見るメリットとデメリット!おすすめはどれ?

Pocket

加湿器

空気が乾燥する冬の季節は、
風邪やインフルエンザが流行りますよね。

そんな時に大活躍するのが加湿器

各部屋に1台ずつ加湿器を置いている人も多いのに、
意外と、加湿器の種類や特徴を知らずに、
利用している人が多いのに驚かされます。

加湿器は加湿方法によって、
次の4つに分かれます。

・スチーム式
・気化式
・超音波式
・ハイブリット式

そこで今回は、
この加湿器の種類ごとによる、
メリットとデメリットについて、
詳しくお話ししたいと思います。

Sponsored Link

加湿器の定番 スチーム式のメリットとデメリット

熱で水を温めて蒸気を噴出させることで、
部屋を加湿するタイプです。

わかりやすく説明すると、
やかんでお湯を沸かして
加湿するのと同様の原理ですね。

みなさんが加湿器と聞いて、
一番最初に思い浮かべるのは、
このタイプではないでしょうか?

まさに加湿器では定番のタイプです。

メリットとしては、
お値段が手頃で、加湿能力が高く、
熱で沸騰させているので、
菌が死滅しやすく、衛生的なことでしょうか。

反面、デメリットは、
加湿器の中では比較的電気代が高く
吹き出し口からの蒸気での、
怪我に気を付けなくてはならないことです。

ただ、最近は吹き出し口の温度を下げた
「スチームファン方式」
という物も販売されています。

Sponsored Link

安心の加湿器 気化式のメリットとデメリット

水を含んだフィルターに風を当てて、
蒸発させて加湿するタイプです。

例えると、洗濯物を干して、
加湿するようなものです。

メリットは、熱を発生させないため、
怪我の心配がないことと、
電気代が安いことです。

デメリットとしては、
急な加湿ができないことや、
冷風がでるので、
使用の際に室温が下がることがあげられます。

また、ファンの作動音がするので、
うるさいと感じる人もいるようですね。

電気を一切使わない、
「自然気化式ミスティーガーデン」
という加湿が流行し始めているようです。

雑貨でよく見かけるので、
探してみてくださいね。

気化式

おしゃれな加湿器 超音波式のメリットとデメリット

水を超音波で微粒子化し、
それをファンで噴出して加湿するタイプです。

これは霧吹きをもっと細かくしたもの、
と考えると分かりやすいです。

メリット価格が安く電気代も安いうえ、
おしゃれなインテリアに合う
小型の商品が多いこと。

アロマを入れ香りを楽しむこともできます。

デメリットは、雑菌が溜まりやすいので、
こまめな掃除が必要なこと。

ただし、雑菌対策として、
「超音波ハイブリット式」
というものも販売され始めています。

超音波式

万能型の加湿器 ハイブリット式のメリットとデメリット

乾燥している時はスチーム式、
落ち着いたら気化式と、
この2つの機能を持ち合わせた万能型です。

メリット加湿能力が高い割に、
スチーム式より電気代が安いこと。

広い部屋にも対応できるのも大きな特徴です。

デメリット本体価格が高額なことと、
ファンの音が多少することです。

4つの種類の中で、
1番バランスの良い加湿器
と言われています。

ハイブリッド式

以上が加湿器のメリットとデメリットです。

これらを参考に、
ぜひ、あなたのお部屋にピッタリ
加湿器を見つけてくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ