喪中時にどう送る?寒中見舞いの文例

Pocket

寒中見舞い

本来は季節のご挨拶だった寒中見舞い

しかし現在では、
喪中の方への年賀状代わりに送ったり、
喪中時期に年賀状を頂いたお返事として、
使われるようになりました。

そんな寒中見舞いですが、
相手に失礼のない書き方はご存知ですか?

今回は寒中見舞いのルールと、
喪中時に送る文例を、
お伝えしたいと思います。

Sponsored Link

寒中見舞いの書き方の注意点は?

一年で最も寒い時期に、
健康を気遣ったご挨拶として、
持ちいられた寒中見舞い

1月7日の松の内が明けてから、
立春の2月4日以内に届くように出す事が、
一般常識となっています。

図柄に厳密な決まりはありませんが、
年賀状を彷彿させる干支や日の出は避け、
冬を想像させる、
花や風景などを使うといいでしょう。

また間違いやすいのですが、
お年玉付き年賀はがきを使用したほうが、
相手も喜ぶと思い、
年賀状を使う人もいますが、
これは失礼にあたります。

寒中見舞いには、年賀はがきではなく、
一般の官製はがきや、
寒中見舞い用のデザインが施されている、
市販のはがきを使用して下さい。

それではこれらを踏まえた上で、
喪中時の寒中見舞いの文例を紹介します。

Sponsored Link

喪中の相手へ年賀状代わりに出す場合は?

喪中の相手へ、
年賀状代わりに出す場合の文例はこちら。

寒中お見舞い申し上げます。

服喪中と伺い、
年始のご挨拶は差し控えさせていただきました。

皆様お寂しい毎日をお過ごしかと存じますが、
どうか心強くお持ちになって、
暖かな春を迎えられますよう
心よりお祈り申し上げます。

平成○年1月

この場合の書き方は、
お見舞いの言葉や、
相手を思いやる気持ちを込めて
書くと良いでしょう。

また「賀」のようなおめでたい言葉や、
「お喜び」などの表現は、
避けなくてはいけません

言葉選びは慎重にすることが
大事なんですね。

寒中

喪中に年賀状を頂いた返事とする場合は?

喪中時に年賀状を頂いた場合の、
返事の文例はこちら。

寒中お見舞い申し上げます。

年頭にはご丁寧なお年始状を頂きまして、
ありがとうございます。

実は昨年〇月に○○が亡くなり、
新年のご挨拶を控えさせていただきました。

本来であれば、
こちらから欠礼のお知らせを差し上げるところ、
ご連絡が行き届かず、誠に失礼いたしました。

本年もどうぞ変わらぬお付き合いの程、
よろしくお願い申し上げます。

平成○年1月

喪中に届いた年賀状の返事として、
寒中見舞いを出す際には、
年賀状のお礼や喪中のお知らせ、

そして喪中はがきを出さなかったことへの、
お詫びの言葉を盛り込まなくてはいけません。

また、こちらもおめでたい言葉は
避けなければいけないので、
正月を年頭、年賀状をお年始状と、
表現を書き換えるといいでしょう。

一概に寒中見舞いと言っても、
相手の状況によって、
書く側には注意が必要です。

ルールや正しい取り決めはありませんが、
失礼がないよう送りたいもの。

ぜひ、こちらを参考に
寒中見舞いを送って下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ