寒中見舞いはいつからいつまでに出せばいい?

Pocket

寒中1

年賀状や暑中見舞いと比べると、
ちょっと印象が薄い寒中見舞い

もしかすると、
寒中見舞いを出したことがない人も、
いるのではないでしょうか?

寒中見舞いを活用しないなんてもったいない!

今回はあまり知られていない、
寒中見舞いの意味や、
いつからいつまでに出せばいいのか?
等の基本ルール・活用方法をお伝えましょう!

Sponsored Link

寒中見舞いはいつからいつまでに出せばいい?

本来の寒中見舞いとは、
近況報告を兼ねた季節の挨拶状です。

厳寒期という1年で最も寒い時期に、
「寒さで体調を悪くしていませんか?」
気遣う気持ちを送るんですね。

つまり新年の訪れを祝う年賀状とは、
送る意味がまったく違うんです。

時期が近い事から、年賀状を送った方に、
寒中見舞いを送らないという状態が
一般的になっていますが、

送る意味が違うので、
両方を送ることは間違いではないのです。

6b603754c601ab58824e445eecaaee25_s

では寒中見舞いは、
いつからいつまでに出すものなのでしょう。

一般的には松の内が終わってから、
立春までとされています。

つまり、1月8日〜2月3日の間届くように、
寒中見舞いを送ることが、
通常のルールなんです。

しかし、ここで注意することが、
地域によっては松の内の期間が異なること。

関東では1月7日までとなっていますが、
関西では1月15日までが松の内なんですね。

送る相手の地域によって、
送る期間を変えるのは面倒。

そんな方は、
寒中見舞いは1月20日前後に送る!
こう覚えるといいでしょう。

また寒中見舞いでは、
相手に失礼にあたるタブーがあります。

間違ってしまう方が多いのですが、
寒中見舞いに、
年賀状はがきを使用してはいけません

お年玉付なので喜ばれると、
考える方が多いようですが、
大きな失礼にあたるので止めましょうね。

Sponsored Link

寒中見舞いの活用法とは?

先ほどもお話ししたように、
寒中見舞い季節のご挨拶状です。

しかし、
現在では以下のような活用をされています。

・年賀状を頂いた返事が、
松の内をすぎてしまった場合。

・喪中の相手に年賀状代わりに出す場合。

・喪中はがきを送らなかった相手から、
年賀状が届いた場合の返事として。

・相手が喪中と知らずに、
年賀状を送ってしまった場合。

どうでしょうか。

寒中見舞いは、
いろんな場面で活用することができますね。

ちなみに、
喪中が関係した寒中見舞いを送る際には、
「賀」や「年賀状」などの、
おめでたい言葉は避けることが礼儀です。

この点に気を付けて、
寒中見舞いを送ることで、
喪に服している方の
慰めになるのではないでしょうか?

寒中見舞いはどんな活用をしていても、
相手を気遣う気持ちが込められています。

そんな気持ちが込められた寒中見舞いを、
ぜひ一度は送って下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ