年賀状での夫婦連名の書き方は?失礼のない宛名の書き方講座

Pocket

夫婦連名

お正月には新年のご挨拶として、
年賀状を送る習慣がある日本。

そろそろ年賀状の準備をと、
考え始めた人も多いのではないでしょうか?

そんな時に悩むのが、
宛名の書き方です。

特に結婚して家族が増えた場合や、
親戚や友人家族に送る場合など、
連名の書き方に困る人は、
とても多いんですよね。

どんなに立派な年賀状を書いても、
宛名の書き方が間違っていたら、
失礼にあたります。

そんな失礼をしないように、
宛名書きの基本と、
間違いのない夫婦連名の書き方を、
お話ししたいと思います。

Sponsored Link

年賀状の宛名の書き方の基本

年賀状に限ったことではないのですが、
宛名書きには、
正式にこれが正しいという書き方はありません

しかし、避けなくてはならない、
暗黙のルールがあるので注意が必要です。

・宛名を赤色で書く。
・修正テープやペン、二重線を引いて、
 間違い箇所を直す。
・名前や会社名を省略して書く。
・目上の方に横書きの宛名を書く。

これらの書き方は大変失礼にあたるので、
絶対にしてはいけません。

もし年賀状を書き間違えても、
5円の手数料がかかりますが、
郵便局で新品と交換してもらえます。

ここは素直に新しく書き直しましょう。

Sponsored Link

夫婦連名で年賀状を出す場合の書き方は?

お分かりかとは思いますが、
夫婦連名で年賀状を出す場合は、
差出人を書く箇所に、
夫を右側、順に妻、子供と書きます。

夫婦別姓でない限りは、
妻、子の苗字は省略するのが通常ですね。

最近はパソコンで作る人が多いので
調整するのは簡単だと思いますが、
住所より、名前を大きく書きましょう。

その方がバランスよく見えます。

また、差出人用の郵便番号欄の幅内に、
住所や差出人名を納めることが基本。

アパート名などで住所が長くなる時は
その点に気を付けて書いて下さい。

夫婦連名1

ご夫婦宛に年賀状を出す場合の書き方は?

夫婦や家族宛に連名を書く場合も、
住所より大きめに、
右から夫、妻、子供と書きます。

ここで間違いやすいのが、
それぞれの名前に
敬称を付けなくてはいけないことです。

つまり夫と妻、それぞれ二人に、
「様」をつけるんです。

まとめて一つだけに敬称を付けるのは、
失礼にあたるので注意です。

また、夫婦や子供の名前の文字数が異なる場合
書き方に悩む方は多いでしょう。

その場合は敬称を合わせると良いです。

太 郎 様
はな子 様

この方法だと、見た目もいいですし、
なにより失礼にはなりません。

最後に子供の人数が多くて、
書ききれない時は、
子供の名前を省略して夫婦連名のみとしたり、
「○○家御一同様」と省略しても、
問題ありません。
 
 
これで、夫婦や家族の連名の書き方は、
大丈夫ですね。

年賀状の宛名書きは、
基本さえ押さえていれば簡単なものです。

ぜひこちらを参考に、
素敵な年賀状を送って下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ