新年の挨拶を上司にメールで送るのは失礼?注意点は?

Pocket

tie-690084_1280

近頃は、会社でのビジネスツールとして、
メールを使うことが多くなりましたよね。

それに伴い、新年の挨拶も、
メールですます人が増加しています。

でも、友人ならともかく、
目上の人、ましてや上司に、
メールで新年の挨拶をするなんて、
大丈夫なんだろうかと迷いませんか?

そこで今回は、誰もが気になる、
上司に送るメールでの新年の挨拶について、
失礼にならないのか、
メールと送る時の注意点などを調べてみました。

Sponsored Link

新年の挨拶を上司にメールで送るのは失礼になる?

メールでの新年の挨拶は失礼かどうか?

この点は送る側にとって、
一番悩むところですよね。

でもこの答えは簡単です。
それはズバリ、相手次第!

メールで送られる新年の挨拶を、
気楽でよいと考える人もいれば、
メールだなんて失礼だと、
不快に思う人だっています。

つまり新年の挨拶を考える前に、
上司のメールに対する、
価値観を見極める必要があるんです。

普段、メールを使いこなしている上司でも、
「新年の挨拶はきちんと年賀状で!」
と考える人も多いですよね。

もし迷うようなら、
素直に年賀状で、
新年の挨拶をするのが安全でしょう。

Sponsored Link

新年の挨拶を上司にメールで送る時の注意点は?

良い印象を上司に与えるメールを送りたい!
誰もがそう思いますよね。

ではどんな文章がいいのでしょうか?

・間違った敬語を使わない
よく間違えるのが「部長様」などの
二重敬語です。

丁寧な言葉を意識するあまり、
間違って使ってしまうことが多いので
注意してください。

・会話のような文章を心がける
年賀状と異なり「謹賀新年」ではなく、
「謹んで新年のお慶び申し上げます」
と会話のように書く方が、
いい印象を与えます。

・仕事の内容を長々と書かない
上司もお正月休みを楽しんでいます。
そんな時に、仕事の話ばかりでは無粋ですよね。

・一斉送信をしない
相手側に、
「面倒だった」
という印象を与えてしまうので、
必ず一件ずつ送りましょう。

これらを踏まえた文例がこちらです。

件名:新年のご挨拶

本文:○○部長
謹んで新年のお慶び申し上げます。
○○部の(自分の名前)です。

旧年中は公私に渡り
大変お世話になりました。

今年もご期待に添えられるよう、
より一層の努力をしていく所存です。
本年も変わらぬご指導ご鞭撻のほど、
よろしくお願い致します。

平成○年元旦
(自分の名前)

いかがでしょうか?

しかし上司にメールを送ったからと、
安心してはいけません。

新年の挨拶メールだけではなく、
初出社の際は、
すぐに直接ご挨拶をする事も大事です。

hands-375260_1280

メールを送った後に、
上司からの年賀状が届いた場合は、
こちらも年賀状を送らなくてはいけません

最後まで気を抜けない上司へのメール。

新年の挨拶をきちんとして、
気持ちの良い新年をスタートさせたいですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ