新幹線の子供料金は何歳からなの?指定席の場合は?

Pocket

3ad81f109966f08441b11be2ec5a7a62_s

お正月などの帰省や旅行など、
幼い子供を連れて、
新幹線を利用する機会ありませんか?

もちろん新幹線には、
普通の電車同様に、
子供料金が設定されていますが、

実はこれが意外と複雑で、
間違ってしまう親御さんが、
結構多く見受けられます。

そこで今回は、
意外と複雑な新幹線の子供料金を、
詳しく説明します。

Sponsored Link

子供料金は何歳から?まずは基本を覚えよう!

JRが定めている、
子供料金の基本がこちらです。

・大人…12歳(中学生)以上は大人運賃
・子供…6~12歳の小学生は半額運賃
・幼児…1~6歳までの未就学児は無料
・乳児…1歳以下は無料

ここまでは皆さんも
よくご存知ですよね。

このように小学生の子供なら、
乗車券や特急券は大人の半額に、
乳幼児なら無料になる、
ということになります。

ただし、これには
大人1人に対し、
無料となる乳幼児は2名まで、
という条件があります。

つまり、大人1人に乳幼児3人なら、
大人1人分と子供1人分の料金に。

また、幼児が1人で乗るならば、
例え親が乗車駅まで送り、
下車駅で祖母が迎えに来る場合でも、
子供1人分の料金
必要となります。

意外とこの条件を知らない人が多いので、
間違わないように注意しましょう。

Sponsored Link

新幹線の自由席や指定席の子供料金は?

では新幹線の場合
子供料金はどうなるのでしょう。

新幹線では席の種類によって、
料金体系は以下の通りになっています。

・自由席…乗車券+自由席特急券
・指定席…乗車券+指定席特急券
・グリーン席…乗車券+指定席特急券+グリーン料金

先ほどもお話ししたように、
小学生の子供の場合、
乗車券と特急券は大人の半額
つまり子供料金となります。

しかしグリーン料金や、
北陸新幹線のグランクラス料金は、
子供料金の対象外となっているため、
大人と同様の料金を払わなくてはいけません。

また、指定席やグリーン席では、
条件付きながら無料の乳幼児でも、
料金が発生する場合があります。

それは指定席やグリーン席を、
乳幼児が1人で利用する場合です。

席を確保するという意味では、
乳幼児も小学生の子供と
同じという考えからきているようですね。

ちなみにこの場合は、
指定席特急料金だけではなく、
乗車券も子供料金を払うことになります。

つまり乳幼児がグリーン車で、
座席を1人で利用する場合、

・子供料金の乗車券
・子供料金の指定席特急券
・大人と同様のグリーン券

これらの料金が必要になります。

ぜひ間違いのないように、
注意して下さいね。

eb206d5fb2ae1557dc1aa40ebb19e880_s

まとめ

以上が、
新幹線での子供料金となります。

これによると、自由席の場合、
乳幼児が1人で1席利用しても、
問題はありませんよね。

しかし、
マナーとしてはどうなのでしょうか?

幼い子供を連れて、
新幹線に乗る事は大変ですが、

満席の自由席で、
立っている人もいる中では、
眉をひそめる人もいるはずです。

難しい問題ですが、
ぜひ親御さんには、
臨機応変に対応してもらいたいもの。

ぜひしっかりとルールを守り、
マナーに気を使って、
子供と一緒に新幹線に乗って下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ