桜餅には2種類ある!あなたは長命寺派?道明寺派?

Pocket

桜餅

春には欠かせない和菓子として、
昔から日本人に愛されている桜餅

この可愛いピンク色の桜餅が、
店頭に並ぶのを見て、
春の訪れを感じる人も
多いのではないでしょうか。

そんな桜餅ですが、
実は関東と関西で、
作り方や姿かたちが違います。

どちらも美味しい桜餅ですが、
あなたはどちらの桜餅がお好みですか?

今回はそんな2種類の桜餅の、
違いや由来について、
お話しします!

Sponsored Link

関東風桜餅の長命寺(ちょうめいじ)の特徴とは?

小麦粉を水で延べて、
薄く焼き上げた皮にアンを包んだ、
いわゆるクレープ状の姿をした桜餅を、
長命寺(ちょうめいじ)と呼びます。

この桜餅の由来は、
向島長命寺の門番山本新六が、
散り落ちた桜の葉を塩漬けにし、
薄皮にくるんだアンに巻いたものを、
販売した事が始まりとされています。

始めは長命寺の参拝客を中心に
話題となっていたようですが、
時が経つごとに江戸の庶民に広まり、
花見の席に欠かせない、
大人気の和菓子に。

関東周辺に広がるころには、
この桜餅のタイプを、
長命寺と呼ぶようになったんですね。

Sponsored Link

関西風桜餅の道明寺(どうみょうじ)とは?

一方、関西の桜餅は、
大阪の道明寺で作られている
もち米を蒸して乾燥させ、
粗挽きにした道明寺粉
使っていることが特徴です。

道明寺粉で作った皮を使い、
アンを包んだことで、
お饅頭のような形で、
つぶつぶとした食感が魅力
桜餅となっています。

江戸で人気となった
長命寺タイプの桜餅と、
ずいぶん違いがありますよね。

この差にはいろいろな説がありますが、

江戸で人気となった長命寺の桜餅が、
関西に伝わる過程で、
馴染み深い道明寺粉を、
使うように変わっていった、

という説が有力のようです。

ちなみに関西風の桜餅が、
道明寺と呼ばれるようになった理由は、
道明寺粉を使ったことから来ていますが、
現在の道明寺粉は高価なため、
もち米で代用されていることがほとんどとか。

ちょっと残念な話ですよね。

桜餅1

長命寺と道明寺!どちらの桜餅が低カロリー?

ダイエット中の方なら、
つい気になってしまうのが、
長命寺と道明寺
どちらの桜餅がヘルシーか?

という問題ですよね。

桜餅はだいたい1個70gなので、
その値で計算すると、

・長命寺…約150kcal
・道明寺…約130kcal

だいたいですが、
このような数値になりました。

道明寺の方が、
ほんの少しですが、
低カロリーのようですね。

ちなみにこの結果は、
長命寺の方が道明寺より、
少しアンの量が多いことが原因のようです。

まぁ、洋菓子と比べると、
どちらの桜餅も、
低カロリーといえますから、
ダイエットを気にせず、
安心して食べることができますね。

桜餅2

関東と関西では、
いろいろと違う物がありますが、
桜餅もその中に含まれていました。

どちらの桜餅も、
長い間親しまれてきた、
馴染み深い和菓子です。

ぜひ今年の春は、
長命寺と道明寺
2つの桜餅を食べ比べてみ下さい。

意外な発見があるかもしれませんよ。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ