お墓参りのお供え物は何がいい?のしはどうする?

Pocket

お供え物

お盆やお彼岸の時期など、
実家の里帰りをするときに、
お墓参りのお供え物
用意しなくてはならない。

または、知人の家に、
お供え物を持って訪問する予定がある。

そんな方はいませんか?

お供え物の定番商品は
たくさんありますが、
どれを選べばいいのかと、
悩む人も多いはずです。

そこで今回は、
我が家の経験も踏まえて、
本当に喜ばれるお供え物や、
のしについてお伝えしましょう。

Sponsored Link

お墓参りのお供え物は何が喜ばれる?

故人を偲ぶ思いで
お供え物を用意することから、
基本的には定番のものならば、
大きな問題はありません。

ただ場合によっては、
避けた方がいいことも。

そこで、
定番のお供え物の注意点を上げてみました。

▼お線香、柄付ろうそく
お墓参りだけではなく、
お仏壇でも利用することから、
定番のお供え物となっています。

ただ我が家の場合は、
葬式業者の無料サービスもあったため、
使い切れないほどの量に!

5年経った現在でも、
たっぷり残っている状態です。

無難なお供え物ですが、
身内ならば
あまり喜ばれないかもしれませんね。

▼花
最近はフラワーギフトや、
アレンジメントをお供え物に
用意する人が多いようですね。

一周忌や初盆以外ならば、
故人の好きな花などを贈ると喜ばれます。

ただし真っ赤な色など、
派手なものは避けましょう。

▼菓子・酒類
日持ちがして小分けにできるものが
特に喜ばれます。

ただし、お盆など季節によっては、
ゼリーなどの水菓子を贈る人が多いので、
別の菓子を用意するのもいいでしょう。

お供え物1

一つ注意してもらいたいのは、
故人の好きだった菓子や酒類を
贈る場合です。

故人になってまだ日が経っていない、
または若くして亡くなった場合、
遺族に辛い思いをさせてしまうことも。

この点には、
十分に気を付けて下さいね。

定番のお供え物でも、
相手の立場にたった配慮は、
当然ながら必要です。

その事に注意して、
お供え物を選んでくださいね。

Sponsored Link

お供え物ののしはどうしたらいいの?

お供え物を用意する際、
品物をむき出しで贈るのは
失礼にあたるので、
のしをするのがマナーです。

関東では白黒の水引を、
関西では黄白の水引が、
一般的に使われていますね。

水引の上部には
「お供え」、「御供(ごくう)」と、
下部にはフルネームを書きましょう。

また注意点としては、

・「蓮のし」は仏教のみで使用する
 (蓮は仏教の象徴なので)
・「無紙のし」は失礼にあたるので
 自分の実家以外では避けること。

ということがあげられます。

ちなみにお葬式の時とは違い、
表書きに薄墨を使う必要はありません。

普通の筆ペンで書いても大丈夫なので、
安心してくださいね。

のし

お墓参りのお供え物の平均金額は、
3,000円程度となっています。

この金額のお供え物は、
種類も多いので、
迷う場合もあるかと思います。

でも一番大切なのは、
故人を偲ぶあなたの気持ちです。

遺族のことも配慮しつつ、
あなたらしいお供え物を、
選んでくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ