あなたに合った日傘の色や選び方を教えます!

Pocket

60fdaf72ac8e97cb20a411d460610ae6_s

紫外線対策を怠らない女性なら、
必ず1本は持っているのが日傘です。

日焼けだけではなく、シミやしわなど、
お肌の敵である紫外線を防ぐため、
もはや日傘は女性の必需品ですよね。

そんな日傘ですが、
デパートや百貨店では、
たくさんの色や種類が販売されており、
一体どれを選べばいいか迷ってしまいます。

どうせなら紫外線をしっかり防ぎ、
更に自分の生活スタイルに合った、
いい日傘を選びたい!

そこで今回は、
日傘に効果的な色の有無や、
失敗しない日傘の選び方について、
簡単に説明しましょう。

Sponsored Link

日傘は何色が紫外線を防ぐ?白?それとも黒?

紫外線を防ぐ色!
と言われて思いつくのが、
「白」と「黒」ですよね。

白は紫外線を反射することで防ぎ、
黒は逆に吸収することで防ぐという、
大きな違いがあります。

どちらの色も、
100%紫外線を防ぐことはできませんが、
この2色を比べると、若干黒の方が、
紫外線防止率は高いようですね。

ところでこれらの話は、
単純に色だけを考えた場合のこと!

結論から言うと、
現在販売されている日傘には、
UVカット加工がされているので、
どんな色や模様でも、
紫外線を防ぐ効果に差はほとんど無いんです!

なんだか拍子抜けですが、
これならば自分の好みの色やデザインの日傘を、
安心して選べますよね。

ただ、1つ注意してもらいたいことが!

それは日傘の内側の色についてです。

紫外線は頭上から降り注ぐだけではなく、
地面からも反射してくるため、
下からもあなたの肌を攻撃してきます。

日傘の内側
には、
UVカットの加工はされていません!

この場合の紫外線を防ぐには、
更に反射する白ではなく、
紫外線を吸収する黒がオススメ

つまり表面は好きなデザインで、
そして内側は黒系の日傘を選ぶと
紫外線を効果的に
防ぐことになるというわけなんですね。

Sponsored Link

色以外で重要な日傘の選び方は?

紫外線を効果的に防ぎたい!

純粋にそう思うのならば、
日傘の色だけではなく、
生地選びも重要な要素です。

涼しげで可愛らしいのですが、
レースのデザインが施された日傘は、
当然ながら紫外線対策には
向いていない生地です。

出来るだけ厚い生地で、
UVカット率が高い物を選ぶことが、
大切と言えるでしょう。

しかし厚い生地の日傘は、
風通しが少なく、
熱がこもりやすいため、
熱中症対策としては逆効果となる
場合が多々あります。

つまり紫外線防止を第一に
考えているのであれば、
UVカット率が高い日傘を、

暑い日差しを和らげる効果
求めているのであれば、
遮光率の高い日傘
選ばなくてはいけない。

ということなんですね。

少々お値段は高くなりますが、
どちらの効果も高い日傘もあります。

まずはあなたが日傘を使う、
1番重要とする理由を確認し、
それに合った生地の日傘を
選ぶことが大切なんです。

このことをしっかりと、
覚えておいて下さいね。

e55dc0ce6949d6b450de22848b9b50bf_s

まとめ

昔はなんだかおばちゃんっぽい
イメージだった日傘も、
現在ではお洒落なものが
たくさん販売されていますよね。

最近では女性だけではなく、
男性用の日傘
飛ぶように売れているとか!

これから、
紫外線や日差しの強い季節がやってきます。

ぜひこれらを参考に、
あなたに合った日傘を探し出して下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ