あさりを砂抜きするのに開かない!失敗しない簡単な方法は?

Pocket

ed8d9523fcbff434adcec845dd20cfcf_s

潮干狩りで大量のあさりを採った!

と大喜びの家族がいる一方で、
あさりの砂抜きに自信がなくて、
どうしたらいいのか頭を悩ませている
お母さんはいませんか?

あさりの酒蒸しやお味噌汁は、
とても美味しくて大好きなのに、
噛んだ瞬間にジャリっというと、
一気に食欲がなくなるもの…

せっかく採った大量のあさりを
無駄にはしたくありませんよね!

そこで今回は、
子供でも失敗しないくらい簡単な、
あさりの砂抜き方法と保存方法について、
お伝えしましょう。

Sponsored Link

失敗しない簡単なあさりの砂抜き方法は?

一見すると難しそうに思える、
あさりの砂抜き

でも基本の方法さえ守れば、
子供でも一人でできるほど、
簡単なことを知っていましたか?

それでは基本の砂抜き方法を
覚えていきましょうね。

必要な物

・網付きバット(なければボールとザル)
・塩と水
・新聞紙

 

<砂抜きの基本方法>

1.あさりを真水で洗い、
表面の汚れを取ります。

この時、口を大きく開けて身が見えるものは、
死んでいる貝なので取り除くこと。

2.網付きバットに、
あさりが重ならないように置いていきます。

重ねるとせっかく吐いた砂を、
再度吸い込んでしまい、
砂抜きに時間がかかってしまいます。

3.海水と同じような濃度の塩水を作ります。
1リットルに対し30グラムの塩が適量
温度も海水と同様の20度にするとよいでしょう。

4.あさりの入った網付きバットに、
あさりの頭が少し出るくらいまで、
塩水を注ぎます。

5.新聞紙で軽くフタをしてから、
静かで涼しい場所に2~3時間置きます。

これであさりの砂抜きは終わりです。

それでも砂抜きが上手くできなかった場合は、
次の原因が考えられます。

・塩水が薄すぎる、または濃すぎる
・気になって新聞紙のフタを何度も開けた
・あさり自体が死んでいた

あまり知られていませんが、
あさりは光に反応すると砂を吐きません。

子供は特にあさりが気になり、
覗こうとするものなので、
砂抜きの際には注意してくださいね。

Sponsored Link

知っていると便利なあさりの保存方法!

大量にあさりを採ったので、
1日では食べきれない!

そんな時は冷凍保存が便利です。

砂抜きを終えたあさりの水気を拭き
ジップロックなどの袋に、
空気を抜くように口を締め、
冷凍するだけ。

これだけで大丈夫なので、
本当に簡単!

1ヶ月ほど冷凍しても問題ないので、
いつでも美味しいあさりを
食べることができるんですね。

ちなみに、
冷凍したあさりは、
加熱しても貝の口が開かない!

という話を聞いたことがありませんか?

実はこの冷凍あさりの口が開かないのは、
解凍してから加熱した場合の話。

凍ったままのあさりを加熱すれば、
口が開くので美味しく食べられます。

ですから安心して、
冷凍庫にあさりを保存してくださいね。

feefa86e2201a4e05d9ae2b026a6c621_s

まとめ

基本の通り砂抜きをすれば、
失敗をすることはまずありません。

これを覚えておけば、
潮干狩りはもちろんの事、

スーパーで購入したあさりも、
砂を気にすることなく
美味しく食べられますよね。

また砂抜き作業の最中に、
口が大きく開いた場合や、
調理しても口が開かないあさりは、
すでに死んでいると考えられます。

死んでいるあさりを食べる行為は、
食当たりになる可能性が高いので、
この場合は無理に食べようとせず、
残念ですが捨てて下さい。

それではしっかりとあさりの砂抜きをして、
美味しいあさり料理を堪能してくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ