夏バテの原因は大きく3つ!しっかりと対策をとりましょう!

Pocket

234229

夏は暑いのが当たり前!

それは十分わかっていても、
最高気温が40度を超えた!

なんてニュースを観ると、
お風呂に入っているのと同じ状況に
ぐったりしてしまいますよね。

そんな暑さが続く中、
起こりがちなのが夏バテです。

でもそもそも夏バテは、
何が原因で起こるのでしょうか。

原因が分かれば対策だって
十分できるはず。

そこで今回は夏バテを引き起こす
代表的な3つの原因と、
それぞれの対策について
お伝えしましょう。

Sponsored Link

1.室内と外気の温度差が夏バテ原因の場合の対策法

暑い外とクーラーの効いた涼しい部屋を、
1日に何度も行き来すると、
急激な温度変化に体を合わせようと、
自律神経が頻繁に働きます。

そのため自律神経に負担がかかり、
バランスが崩れることで、

・体がだるく疲れが取れない
・なかなか寝付けなくなる

など夏バテの症状が出てくるんですね。

この対策として1番大切なのは、
エアコンをかけ過ぎない事!

扇風機などを活用しながら、
体温が下がり過ぎることを避けましょう。

また適度な運動や入浴で、
しっかりと汗をかくことも
心掛けましょう。

Sponsored Link

2.大量の汗による水分不足が夏バテ原因の対策法

暑い外だけではなく、
涼しい場所にいても、
夏は大量の汗をかくものです。

そのため知らぬ間に脱水症状に!

脱水症状になると汗が出なくなり、
体が高温を保つことで、
夏バテという体調不良に
なってしまうんです。

この場合はこまめな水分補給が、
夏バテ対策になりますね。

ちなみに冷たい水ばかり飲むのを避け、
喉の渇きを感じる前に常温の水
飲むことが大切です。

この点には注意していくださいね。

26e8524da89609670abcbbc37a343268_s

3.食事が夏バテの原因だった場合の対策法

暑さをしのごうとして、
夏には冷たい物を口にする機会
多くなるものです。

こうなると胃腸が冷え、
消化機能が低下することで、
食欲不振といった夏バテの症状が
起こる原因となります。

またこの夏バテの特徴として、
消化機能の低下から、

栄養不足や夏風邪などと
症状が悪化する悪循環に
陥りやすい事があげられます。

食欲がないからと言って食事を抜かず、
毎日バランスの良い食事をとるよう
心掛けましょう。

夏バテの対策としては
ビタミンB1、B2などが豊富な、
豚肉かつお夏野菜などを
食べるようにするといいですね。

夏バテになる原因を知ることで、
十分な対策をとることができます。

・クーラーをかけすぎない
・こまめに水分補給する
・規則正しい食生活をする

この3つを心掛けるだけでも
十分な夏バテ対策になる
ということなんですね。

楽しい夏の季節を、
体調不調のまま終わらせるなんて
とってももったいない!

早めの夏バテ対策を行って、
暑い夏を快適に過ごしましょう!

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ