夏休みの読書感想文!小学校低学年の書き方のコツとは?

Pocket

293757

夏休みの宿題として定番なのが、
厄介な読書感想文です。

本を読んで感じたことを書けばいい!

学校の先生はそう言うようですが、
小学生になりたての子供には、
結構高いハードルですよね。

でもこの読書感想文ですが、
小学校低学年の子供でも簡単に書けてしまう、
ちょっとしたコツがあるんです。

そこで今回は、
読書感想文の簡単な書き方のコツ
お伝えしましょう。

Sponsored Link

大切なのは読書感想文の本の選び方と読み方!

小学校低学年の書く読書感想文で、
意外と重要なのが本の選び方です。

初めての読書感想文の場合の、
本の選び方としては、

・子供が興味を持った本
・読みやすい薄い本
・誰もが知っている定番のおとぎ話

これらを意識するといいでしょう。

また読書感想文を書く本は、
最低でも2回読むことが重要です。

1回目…話の内容を楽しみながら普通に読む
2回目…面白い、ビックリしたと感じた箇所に
    付箋などの目印を付けながら読む
    (出来れば2箇所に印をつける)

ここまで準備ができればいよいよ次は、
読書感想文を書くだけですね。

Sponsored Link

読書感想文の簡単な書き方のコツとは?

よく文章を書く際に「起承転結」
意識すると良いと言われますよね。

子供の読書感想文もこれと同じで、
文章の構成に合わせて書くことが、
上手に書くポイントとなります。

1.冒頭の文章

単純にこの本を手にしたきっかけを書きます。

・どんなタイトルの本を読んだのか
・どうしてこの本を選んだのか

2.印象的だった場面の説明

付箋を付けた箇所について書きます。

・どんな場面が印象的だったか
・どうして印象的に思ったか

3.印象的な箇所の内容を膨らませる

自分だったらどうするか、
こうした方がよかったんじゃないか、
などと考えたことを書いていきます。

4.終わりの文章

この本を読んだことで、
これから自分がどうしようと思っているか、
どうしたいかを書いてしめます。

この流れに沿って書くと、
初めての読書感想文でも、
すんなりと出来上がります。

ちなみに今年小学生になったばかりの
我が家の娘にも、
これを参考にした、

「赤ずきんちゃん」
の読書感想文を書かせてみました。
(全てひらがなで書いていましたが、
読みにくいので一部漢字に変えています)

1…私は赤ずきんちゃんの本を読みました。
ママがこの本を面白いと言ったからです。

2…私は赤ずきんちゃんが寄り道をしたせいで、
おばあさんがおおかみに食べられるところが
怖かったです。

それと赤ずきんちゃんが
おおかみのお腹を切ったところが
ビックリしました。

3…私だったら寄り道をしないので、
おばあさんより美味しいパンを
おおかみとおばあさんと一緒に
仲よく食べます。

4…私はこの本を読んで寄り道することは
悪いことだと思いました。

  

大人としてはちょっと「あれ?」と
思う箇所もありますが、
初めて一人で書いた読書感想文としては、
上出来なのではないでしょうか(笑)

7c418ad12916be8b26f94fe03e100fae_s

まとめ

初めての夏休みにも関わらず、
スラスラと読書感想文を書ける子供は
まずいませんよね。

大人が書いた読書感想文は、
先生に必ず見破られます(苦笑)

親としては心配なところですが、
これらのポイントを押さえ、
一度、子供の思うまま
読書感想文を書かせてみて下さい。

意外と形になっていることに
驚くことと思いますよ。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ