最低限これだけは用意したい防災グッズのリストはこれだ!

Pocket

30a9e053f98b4d55e249dea35453fe75_s

もし今この瞬間に、
思いもよらない大地震が発生した場合、
あなたは準備していた防災グッズを持って、
避難することができますか?

東日本大震災が起こって以来、
防災意識が高まったとはいえ、
日頃から防災グッズを用意していない人が、
残念ながら多いのが現状です。

とりあえず最低限必要な物
用意しておきたいですよね?

そこで今回は、
自分や家族を災害から守るために、
最低限必要な防災グッズのリストを、
お伝えしましょうね。

Sponsored Link

必ず用意したい最低限の防災グッズリストとは?

避難する時、最初に持ち出すものが、
最低限必要な防災グッズを入れた
防災カバンとなります。

防災カバンは両手が空く
リュックタイプの物を選び、
避難に支障が出ないような
重さにすることが重要なんですね。

ちなみに個人差はありますが、
背負って持ち運ぶのに問題のない重量は、
成人男性で15キロ、成人女性で10キロ
言われています。

つまりこの重量の範囲内で、
最低限の防災グッズを準備する
必要があるというわけですね。

その最低限必要な防災グッズは
次の通りになります。

□現金
非常事態にはお釣りがないことも
しっかりと想定したうえで、
千円札や公衆電話を使うための10円玉
多めに用意しておきましょう。

□携帯ラジオ 
イヤホン専用ではない、
スピーカー対応の物が便利です。

□懐中電灯
停電ともなると、
使用頻度が格段に高くなります。
予備の電池も忘れずに用意しましょう。

□軍手
ガラスなどの怪我が心配なので、
綿と皮の両タイプを用意すると便利です。

□水
飲料水だけなら1人1リットルあれば
なんとか対応できます。

できれば500ミリリットルのボトル
3本準備すると安心ですね。

□非常用食品
火を使わずに食べられるものを、
最低でも3日分は用意しましょう。

またチョコレートなど糖分の高い食料も、
非常時には強い味方になります。

□携帯電話・充電器
情報収集には欠かせないアイテムですが、
バッテリーが切れてしまうと
全く意味がありませんよね。

充電器は当然備えておきましょう。

□バスタオル
布団や防寒対策など、
様々な場面で利用することになります。
人数分は用意しておきましょう。

□救急薬品・常備薬
絆創膏や体温計、包帯などの
基本的なアイテムで十分です。
また持病のある人は常備薬も
忘れてはいけませんね。

□通帳・証書類
預金通帳や健康保険、身分証明にもなる、
免許証や保険証書のコピーを
予め準備しておきましょう。

□生活用品
ライターやナイフ、折りたたみ式の
コップや紙皿があると便利です。
また水に流せるウエットティッシュも、
忘れずに準備しましょうね。

□ビニール袋
荷物をまとめたり、
バケツ代わりに水を入れたりと、
使用頻度がとても高いので、
数枚は用意するといいですね。

□筆記用具
避難所の掲示板に無事を知らせる
メモが貼っているのを、
見たことがありませんか?
忘れがちですが必ず用意しましょう。

□下着類
圧縮袋に入れてコンパクトにすると、
数枚は持って行くことが可能です。
避難が長期化する場合を考えると、
用意することをオススメします。

Sponsored Link

最低限これだけは用意したい防災グッズのリストはこれだ! まとめ

いかがでしょうか?

最低限でもこれだけの防災グッズ
準備が必要だと分かりますよね。

災害はいつ訪れるか分からないものです。

ぜひ今からでも遅くないので、
これらの防災グッズを準備して、
自分や家族の身を守って下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ