初夢に見たい一富士二鷹三茄子には続きがあるって知ってた?

Pocket

322804

初夢に見ると縁起がいいと
昔から言われているのが、
一富士二鷹三茄子ですよね。

でもどうしてこの初夢を見ると
縁起がいいとされているのか、

また一富士二鷹三茄子に続きがあるということを、
知らない人は案外多いようです。

そこで今回は一富士二鷹三茄子などの
縁起のいい理由やその続き
について、
簡単に説明しましょうね。

Sponsored Link

一富士二鷹三茄子の続きや縁起の意味は?

一説によると一富士二鷹三茄子
ということが言われ始めたのは、
江戸時代初期とされています。

もちろんこれらには次のような、
縁起がいいとされる
理由がちゃんと揃っていますよ。

1・富士

日本一の山と言うだけでも
縁起のいい理由になりますが、

この他にも裾野が広がっている
末広がりの様子からも、
縁起がいいと言われています。

2・鷹

上昇して飛ぶ力強さや、
獲物をつかみ取る習性
縁起がいいと言われています。

また一説では家康の駿河の国で、
一番高い山が富士山、二番目が愛鷹山
だからとも言われていますね。

4e39ff59459aed90703af1d77b248809_s

3・茄子

物事を「成す」と「茄子」
語呂合わせしたもので、
子孫繁栄や蓄財を表現している
として縁起がいいものとされています。

以上が一富士二鷹三茄子の縁起がいい理由です。

そして気になるのが
あまり知られていない
一富士二鷹三茄子の続きですよね。

4・扇

祭りなどの祝い事に欠かせなく、
また末広がりの姿から
縁起物として昔から大切にされています。

5・煙草

人が集まる場所に必ずあるもので、
煙がまっすぐ昇ることから
昔から縁起物と言われています。

6・座頭

座頭とは琵琶法師のことを指し、
坊主頭から「毛がない」の語呂で
「怪我がない」として縁起がいいと
なっていったようですよ。

つまり初夢に見たいと昔から言われていた、

一富士二鷹三茄子
四扇五煙草六座頭

(しせんごたばころくざとう)

には縁起がいいとされる理由
ちゃんとあったんですね。

Sponsored Link

そもそも初夢っていつ見る夢なの?

江戸時代で初夢と言えば、
大晦日の夜から元日の朝にかけて見る夢
を指していましたが、

現代では基本的に、
1月2日の夜から3日の朝にかけて見る夢が、
初夢として一般的となっています。

地域によっては元日の夜に
見る夢という場合もあるようですが、
ちょっと意外な結果ですよね。

また室町時代から続く
初夢にいい夢を見るおまじない
ご存知でしょうか?

それは宝船の描かれた絵に、

「長き夜の遠の眠りの皆目覚め
波乗り船の音の良きかな」

という歌を書き、
枕の下に敷いて眠るというもの。

昔から続いているおまじないとなると、
どことなく効果がありそう(笑)

ぜひいい初夢を見るために、
チャレンジしてみたいものですね。

513083

初夢に見たい一富士二鷹三茄子には続きがあるって知ってた? まとめ

なかなか初夢に縁起のいい、
一富士二鷹三茄子
四扇五煙草六座頭

を見るのは難しいですが、

自分にとって幸せな初夢
ぜひ見たいものです。

おまじないを試して見るのも良し、
ゆっくりとお風呂に入り
リラックスして寝るのも良し。

気持ちのいい睡眠をとって、
素敵な初夢を見ましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ