似ているPM2.5と花粉症!症状の違いや関係性はあるの?

Pocket

4748959d874475d43bbeae6aaf654d34_s

ここ数年、中国から飛来する
大気汚染物質として、
PM2.5が問題となっていますよね。

PM2.5は、だいたい3~5月に
日本に飛来することが多く、

花粉症の時期に重なることから、
もともとアレルギー体質の方や、
喘息を患っている方などは、
特に心配されていることと思います。

そんな厄介者のPM2.5ですが、
出てくる自覚症状は、
花粉症にとてもよく似ています。

そもそもPM2.5と花粉症の症状に、
違いはあるのでしょうか?

今回はそんなPM2.5と、
花粉症の違いを中心にお話ししますね!

Sponsored Link

PM2.5と花粉症の症状に違いはあるの?

一般的にPM2.5が原因で発症する症状は、

・くしゃみ、鼻水
・咳やのどの痛み、
・息苦しさ、
・目の充血やかゆみ

と、花粉症とほぼ同じ。

その理由は、
PM2.5と花粉症の症状が、
どちらも体に入った異物
排除しようとして表れる反応だからです。

つまり、体に入る異物は違えども、
体の反応が同じことから、
症状に違いはほぼない!

ということなんです。

実際に現在のところ、
各医療機関でも、

花粉症の症状との
明確な違いや見分け方を、
ハッキリと発表しているところは
無いようですね。

ですが、
強いて違いや見分け方を言えば、
花粉症は花粉が飛来すれば
すぐに症状がでますが、

PM2.5の場合は、
症状がでるのに数日かかることが多いこと。

また花粉症の症状がでて、
花粉症専用の薬を服用しても改善しない場合は、
PM2.5を疑うこととなります。

なんだかハッキリしなくてモヤモヤしますよね。

Sponsored Link

PM2.5と花粉症の厄介な関係とは!

ところで皆さんの中には、
スギの木がたくさん生えた
山の中で生活しても、

スギ花粉症にならない人の話を
聞いたことはありませんか?

意外と思われる人もいるでしょうが、
実は自然に囲まれた、
田舎で生活している人よりも、

都会で生活している人の方が、
花粉症の発生率が高いという
現象があります。

その理由として、
排気ガスなどに多く含まれる、

窒素酸化物と花粉の結合物を、
体に取り入れることで、
花粉症になる確率が高くなるから、
と言われているんですね。

つまりこれと同様の現象で、
PM2.5によって、
さらに花粉症の発症率が高まる危険
心配されているんです。

265019

また、PM2.5によって、
免疫反応が強くなり、

花粉のアレルギー物質などに
過剰反応することで、
花粉症の症状が例年より悪化することも!

こう考えると、
PM2.5と花粉症は
とても厄介な関係と言えるでしょう。

PM2.5の問題は、
なかなか解決策が見つからず、
被害はこれからも続きそうです。

PM2.5は花粉症だけでなく、
他のアレルギー疾患の方や、
喘息の持病がある人にも、
十分な注意が必要です。

予防方法としては、
花粉症とこちらもほぼ同じですが、

外出の際のマスクは、
PM2.5専用の物を使用したり、
自宅では空気洗浄機を利用するといった、
基本的な予防を行いましょう。

また、現在特に症状がない人も、
こまめにPM2.5の情報をチェックして、
しっかりと予防と対応をしてくださいね。

PM2.5の情報の飛散情報はこちらでチェックできます。
PM2.5分布予測

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ