心配な子供の熱中症!発熱の症状が出たらどうしますか?

Pocket

Print

夏に向けて気温が高くなってくると、
気になるのが子供の熱中症ですよね。

特に3歳以下の幼い子供の場合は、
熱中症の症状が出ていても
上手にそれを伝えられないため、

心配で目が離せない親も
多いのではないでしょうか?

子供の熱中症の症状は、
夏風邪に似た症状が出るため、
親がしっかりと熱中症の知識を持つこと
が大切になります。

そこで今回は、夏風邪と間違えやすい、
熱中症の発熱症状が出た場合の対処方法
をお伝えしましょうね。

Sponsored Link

子供の熱中症で起こる発熱の症状とは?

子供の熱中症や夏風邪には、
高熱が出やすいという共通点があります。

大人ならば「熱中症になったかも」
「夏風邪を引いてしまったな」と
感じることもできますが、

子供の場合親の観察によって、
熱中症と判明することが多いようですよ。

分かりやすい子供の熱中症の症状
次の通りとなっています。

・元気がない、または反応が鈍い
・大量にかいていた汗が出なくなる
・気分が悪くなる、吐き気がする
・脱水で唇が渇いている
・トイレの回数が少ない
・急に高熱が出る、頭痛がする

このような状態になったら、
まずは熱中症を疑うことが大切です。

ちなみに夏風邪と間違いやすい、
気になる急な発熱ですが、

特に鼻水や咳が出ていなければ、
熱中症を疑った方が無難です。

また小児科での問診は、
子供が上手に話せないことから、
親から聞く症状や経過
とても重要になりますよね。

子供が何を食べどんな行動をしていたか、
どんな順序で症状が出たか程度は、
しっかりと伝えられるようにしましょう。

Sponsored Link

子供の熱中症 発熱への対処方法は?

急な発熱を熱中症だと親が感じた場合は、
早い対処が必要となります。

▼お茶や水などの水分補給をさせる
下痢や吐き気を伴っている場合は
脱水症状の可能性が高いので、
特にこまめに補給させましょう。

▼体を冷やして熱を下げる
冷す箇所は太い血管が通っている、
首、両脇下、足の太ももの付け根がいいです。

ちなみに氷を詰めたビニール袋が
定番となっていますが、
我が家の場合は冷えた缶ビール類を
当てていました。

意外とズレないので便利ですよ。
 
この2つの方法をとっても
状況が改善しない場合は、
すぐに病院へ行き診察を受けましょう。

ちなみに熱中症は当日に起こるものと
思われがちのようですが、
翌日になって症状が出る場合も多いので、
覚えておきましょうね。

e11963322a7f43858b6423b8b64184aa_s

心配な子供の熱中症!発熱の症状が出たらどうしますか? まとめ

暑い夏になると大抵の子供は、
水遊びなどで外に飛び出していきます。

疲れるまで遊びまくる子供の姿
微笑ましいものですが、
親としては熱中症が心配で、
目が離せないんですよね。

水分補給はもちろんのこと、
帽子をかぶったり、
定期的に休みを入れたり、
予防することも大切!

ぜひ子供が外で遊ぶ時には、
しっかりとした熱中症の予防をし、
帰宅後の様子をチェックしてあげて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ