暑い夏に頭痛や吐き気の症状が!これって熱中症の症状なの?

Pocket

be5925423cf8eb7a6f2a1566992c7946_s

暑い日が続くと、
ふいに頭痛や吐き気
襲われる事がありませんか?

仕事が忙しくて休めないからと、
無理に我慢していると、
回復が遅くなるだけではなく
重症化してしまう場合も!

でもこの頭痛や吐き気、
夏風邪か熱中症かによって、
対処方法などが異なるので
本当に厄介なんですよね。

そこで今回は夏風邪と間違いやすい、
熱中症の頭痛や吐き気について、
詳しく説明していきますね。

Sponsored Link

頭痛や吐き気の症状が!これって熱中症?

熱中症とは簡単に説明すると、
体温調整の機能障害で起こります。

人の体は、
汗をかくことで体温を下げますが、

高温多湿の環境や水分不足などで、
体温の発散が上手くできず、
熱中症の症状が出てくるんですね。

なので正確には炎天下の野外だけではなく、
空調の効いていない自宅や職場でも
起こる可能性があるんです。

熱中症での頭痛や吐き気の特徴としては、

□咳や喉の痛みがない
□足がつった(こむらがえし等)
□大量の発汗後の症状
□めまいや立ちくらみがする
□力が入らない、または筋肉痛

これらがあげられます。

つまり頭痛や吐き気の症状と同時に、
これらの特徴が1つでも当てはまったなら、
まずは熱中症を疑うべき、
ということなんですね。

Sponsored Link

熱中症で頭痛や吐き気の症状がでたらどうする?

熱中症で頭痛や吐き気の症状が出た場合には、
一体どうしたらいいのでしょうか。

基本的には他の症状と同様に、

・服を緩め体を冷やす
・水分や塩分をゆっくりと補給する
・涼しい場所に避難し体を休める

などの応急処置をし、
回復がない場合は、
病院へ行くことが必要になります。

またバファリンやロキソニンなどの
市販の頭痛薬などで、
一時的に痛みや吐き気を抑えることは出来ますが、

もともとの原因である
熱中症を対処せずにいると、
むしろ重症化させてしまうので、
多用するのはあまりお勧めできません。

熱中症による頭痛の場合は、
あくまでも体温機能を整えることを
優先的に対処することが大切、
ということを忘れないでくださいね。

ちなみに一度熱中症になって
体温機能が崩れてしまった場合
体が元の状態に戻るまでには、
約1週間の時間が掛かるとされています。

なので頭痛や吐き気が治まったからと
安心して油断していると、
再度、熱中症の症状が表れるので、
注意が必要です!

一度熱中症となったら、
完治には時間が掛かることを、
覚悟してくださいね。

347676f6ea397767e6c260d19d3708c0_s

暑い夏に頭痛や吐き気の症状が!これって熱中症の症状なの? まとめ

子供と違い大人の場合は、
頭痛や吐き気がすると、
すぐに市販の薬に頼り、

一時的にでも
症状を改善させようとする傾向が強いです。

それも一つの手ではありますが、
熱中症の場合は重症化すると、
長期間体調不良に悩まされ、
仕事どころではなくなってしまいます。

ぜひそうならないように、
熱中症になりかかっているのかな?

と思ったときには、
水分を補給しながら、
少し休憩して体調を整えて下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ