猛暑に要注意!熱中症の3つの原因を知って対策をとろう!

Pocket

457203

夏になると、
ニュースや新聞などで
熱中症の話題が多くなりますよね。

人間だけではなく、
身近なペットや家畜などが、
夏の暑さで
ぐったりしている様子は困ったことですが、
ちょっとした夏の風物詩にもなっているようです。

そんな怖い熱中症ですが、
なりやすい人や環境があることを、
あなたは知っていますか?

暑い夏は上手に乗り切りたい!

そんなあなたのために、
今回は熱中症になりやすい3つの原因
などについてお話ししますね。

Sponsored Link

熱中症が起こる経緯は大きく2つに分けられる!

まずは熱中症が起こる2つの経緯を、
簡単に説明しましょう。

▼古典的熱中症
外から入ってくる熱が原因で起こります。

幼児や高齢者、糖尿病の方が
なりやすい熱中症ですね。

車内に残った幼児や、
節電で暑さを我慢した高齢者が
起こす熱中症がこれに当たります。

▼労作性熱中症
体内で発生する熱が原因で起こります。

農作業や登山、スポーツ中の方が、
知らず知らずに無理をして
なってしまう熱中症です。

どちらの熱中症の経緯も、
結局は体の内外からの熱が原因
起こることが分かります。

つまり熱から体を守るため、
涼しい場所に移動したり、
水分を摂ることが、
重要な対策になるということなんです。

ちなみに熱中症が起こる経緯は、
この2つとされていますが、

体調が悪い人などの場合は、
どちらの熱中症も起こりやすいと
覚えておいて下さいね。

Sponsored Link

熱中症になりやすい3つの原因とは?

熱中症は3つの原因が重なり合うことで、
起こりやすくなると言われています。

▼環境原因

  • 気温や湿度が高い場所にいる
  • 強い日差しにさらされる
  • 無風、通気が悪い場所にいる
  • 必要以上の厚着をしている
  •  
    ▼身体的な原因

  • 幼児や高齢者
  • 糖尿病や腎臓病などの持病がある
  • 普段から運動不足
  • 肥満
  • 1度熱中症にかかった人
  •  
    ▼行動による原因

  • 炎天下の中での野外労働をする
  • 長時間のスポーツ
  • 水分が補給できない状況
  •  
    つまりこれら3つの原因
    出来る限り避けることで、
    熱中症のリスクが
    グンと下がると容易にわかりますよね。

    ところで去年の夏に熱中症となり、
    3日ほど寝込んだ私。

    小雨が降っていた蒸し暑い日に、
    雨具を着てウォーキング
    1時間ほどしていたことが
    原因だったようです。

    今思うと多湿の中を、
    通気の悪い雨具を着ていたことによる
    環境原因と、

    ウォーキング中に水分を摂らなかった、
    行動による原因が重なったことで、
    熱中症になったということなんでしょう。

    確かに3つの原因を知っていれば、
    私の熱中症も避けられたものでした。

    road-749528_640

    猛暑に要注意!熱中症の3つの原因を知って対策をとろう! まとめ

    熱中症命にもかかわる怖い症状で、
    毎年1,000人近くの方が亡くなっています。

    いつ誰がなってもおかしくない、
    意外と身近な熱中症。

    だからこそ熱中症が起こる
    経緯や原因を知ることで、
    十分な対策をする必要があるんです。

    今回お話しした経過や原因に
    当てはまりやすい人は、

    「自分は熱中症になりやすい」

    と自覚したうえで、
    特に熱中症に注意をし、
    夏を過ごして下さいね。

    Pocket

    Sponsored Link

    あなたにおすすめの関連記事はこちら!

    コメントを残す

    サブコンテンツ

    このページの先頭へ