ノロウィルスの予防対策!家でできるお手軽予防対策3つ!

Pocket

2902b9cc969749c0e1478baaeab15c35_s

冬になると必ずどこかで、
集団感染の話を聞くノロウィルス

激しいおう吐や下痢が主な症状ですが、
感染力が強いという特徴から、
看病による家族への二次感染も心配される、
困った存在なんですよね。

でも日頃から予防対策をとっていれば、
ノロウィルスに感染することなく
元気に過ごす事ができます!

もちろん誰だってノロウィルスに
感染したくないですよね!

そこで今回は家庭でも簡単に実践できる、
ノロウィルスの予防対策方法

しっかりとお伝えしましょうね。

Sponsored Link

予防対策の前にノロウィルスのことを知ろう!

ノロウィルスは1年中発生しますが、
実は11月〜2月の期間に、
その7割が発生するとされています。

感染から症状が出るまでの潜伏期間
48時間以内と言われており、
ノロウィルスの症状は、
一般的に2日間ほど続きます。

しかし幼い子供や年配の場合は、
重症化することが多々あるので
注意が必要となりますね。

また気になる感染経路としては、

・ノロウィルスが付いた食べ物を
口にすることで発生する経口感染

・ドアノブなどについたノロウィルスが
手から口に入ることで発生する接触感染

・感染者の嘔吐物などが乾燥し、
それを吸い込むことで発生する
飛沫感染や空気感染

など、他のウィルスと比べて
様々な感染経路があり、
また感染力が強いことも大きな特徴です。

これだけでも、しっかりとした
予防対策の重要性が分かりますよね。

Sponsored Link

簡単に実践できるノロウィルスの予防対策とは?

では家庭でも簡単に実践できる
ノロウィルスの予防対策には、
どのようなものがあるのでしょうか?

しっかりと予防対策するには、
次の3つの方法をオススメしています。

1.最低30秒の手洗いをする!

石鹸を使い手首や指先、指の間など、
丁寧な手洗いをしましょう。

これにより手に付いたウィルスを
洗い流すことが出来ます。

特にトイレの後や食事を作る前
嘔吐物などの処理後などは、
2度手洗いをすることが大切ですよ。

ちなみに固形石鹸の場合は、
ウィルスが付着したままの恐れがあるので、
できれば液体石鹸を使うといいですね。

1c91c323cb5f8439fc22cb274737daa5_s

2.嘔吐物などの処理には注意を!

家族間での感染の主な原因が、
看病による接触感染と飛沫感染と言われています。

特に嘔吐物などの処理をする際は、
感染を防ぐためにマスクはもちろんのこと、
手袋をしっかりとしましょう。

処理をした後はウィルスに効果的な、
次亜塩素酸で周囲をよく拭きましょう。

またトイレやスィッチも、
次亜塩素酸でこまめに消毒することが重要ですね。

3.食品はしっかりと加熱する!

ノロウィルスは熱に弱いという
特徴があります。

調理をする場合は、
85度以上の状態で1分以上加熱し、
中心までしっかりと熱を通すことで
十分な予防対策になります。

もちろん食材だけではなく、
まな板や包丁などの調理器具も、
熱湯消毒や次亜塩素酸での消毒をして、
除菌を心掛けましょうね。

cf3d8a2766940a850f3b80b2dbeb1f64_s
 

ノロウィルスの予防対策!家でできるお手軽予防対策3つ! まとめ

我が家の場合は、
ノロウィルス予防対策として、
冬が近づいてくると薬局へ行き、
次亜塩素酸やゴム手袋を早めに購入しています。

また近くでノロウィルスの感染者が
出てきたと聞いた時点で、
主な調理器具を毎日
キッチンハイターで消毒するようにしていますね。

ノロウィルスの症状は、
2度と感染したくない!
と思うほど辛いものです。

家族の健康のためにも、

・うがい手洗い
・こまめな消毒
・生野菜は控える

など予防対策をしっかりと徹底して、
ノロウィルスに感染しないよう努めましょう。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ