ガングリオンの治療には何科を受診したらいいの?治療方法は?

Pocket

hospital-1338579_640

手首や指の付け根など、
様々なところにできるしこりを
ガングリオンと言います。

基本的に痛みが無い場合が
多いようですが、

なにか悪いしこりじゃないか…

と、つい不安になってしまうもの。

そんな不安を吹き飛ばすためにも、
早めの受診が大切ですよね。

そこで今回はガングリオンかな?
と思うしこりが出来た場合、

何科に受診したらいいのか、
また気になる治療方法
について
お伝えしましょう。

Sponsored Link

ガングリオンの治療にはこの科を受診しよう!

ガングリオン自体に痛みは無いのですが、
場合により神経や血管を圧迫し、
痛み、しびれなどの症状が出るので
早めの受診をオススメします。

でも様々な場所にできるガングリオンなので、
どの科に行ったらいいのか迷ってしまいますよね。

結論からお伝えすると、
関節に関連するガングリオンは、
整形外科への受診が適切です。

近くに整形外科が無い場合は、
皮膚科や形成外科の受診も可能ですが、
整形外科でしか施術できない治療法も!

どこまでの治療ができるかは、
病院の設備や医師によりますので、
気になる時は受診の際に
しっかり相談するといいですね。

Sponsored Link

気になるガングリオンの治療方法は?

ではガングリオンの治療方法には、
どんなものがあるのでしょうか。

ガングリオンの治療方法は
主に4つあげられます。

◆穿刺(せんし)治療

注射器でガングリオンの内容物である
ゼリー状の液体を吸いとり
小さくする治療方法です。

ガングリオンの治療方法としては
1番定番のものですが、
再発しやすいという弱点があります。

8ec5f85fdf26286419699e5a2da6cf5b_s

◆除去治療

麻酔をしたうえでメスなどで
ガングリオンを丸ごと除去する
治療方法です。

穿刺治療と比べて再発率は低いですが、
メスで切除する方法なので傷跡が残る
というデメリットがあります。

◆薬治療

薬によってガングリオン内の
ゼリー状の液体を周囲にちらし
しこりを治す方法です。

耳の後ろなど、
他の治療方法がしにくい場所に出来た
ガングリオンによく行われますね。

ただこの治療方法も再発や
ガングリオンの移動の可能性があります。

◆レーザー治療

傷跡も残らず、再発率も低いことから
近年人気となっているのが
レーザー治療です。

ただ1度ではなく、
何度もレーザーで治療する必要があるので、
2ヶ月ほどの通院をしなければなりません。

ちなみにガングリオンの治療には
一般的に保険が適用されます。

除去治療の場合は2〜3万円程度の
費用がかかりますが、
それ以外は2千〜3千円程度で
済むことが多いようです。

これならば費用の心配をすることなく、
受診することが出来るのではないでしょうか。

%e6%b2%bb%e7%99%82

ガングリオンの治療には何科を受診したらいいの?治療方法は? まとめ

インターネットを調べると、
ガングリオンを押して圧迫し、
つぶすことで治療する方法
紹介していることがあります。

自分で簡単に治療できる!

となっていますが医者によると、
神経を傷つけて悪化させることがあるので、
安易な自己判断で
行わないようにしましょう。

ガングリオンかな?
というしこりに気が付いたら、
近くの整形外科で受診をし、

医者の指示に従うことが、
完治の1番の近道ということを
よく覚えておきましょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ