「鬼は内」「福は外」鬼を呼ぶ節分を知ってますか?

Pocket

c8138f6f2e5a2581e0ea0fd4da2e1cda_s

節分になると、
「鬼は外、福は内」と豆をまかれ、
家の外に追い出されてしまう鬼。

私達にとっては、
楽しいイベントである節分も、
鬼にとっては、
辛く厄介な日となっていますよね。

そんな中、いろいろな事情で、
「鬼は内、福は外」と、
鬼を受け入れる豆まきをする、
節分の場所があります。

鬼にとっては有難いことですが、
一体どうしてでしょうか。

今回はそんな一風変わった、
鬼を呼ぶ節分を行う地域や理由をお話しますね。

Sponsored Link

節分で「鬼は内」「福は外」と豆まきをする理由は?

実は全国各地には、
「鬼は内」と豆まきをする地域があり、
その理由もさまざまです。

その中でも、
代表的なものを上げると、

・宮城県村田町
羅生門で鬼の腕を切り取った男が、
この地で腕を取り返された伝説から、
この地から鬼が逃げないように、
鬼は内と言うようになった。

・群馬県藤岡市鬼石
鬼が石を投げたことで、
町ができたとされたため、
鬼がこの地区の守り神となったから。

またここでは各地から追い出された鬼を、
鬼恋節分祭という祭りで歓迎しています。

・仏立山真源寺
鬼子母神という鬼を御祭神としているため、
「鬼は外」ではなく、
「悪魔外」と豆をまいている。
 
・千蔵寺
悪い鬼を寺の堂内に呼び込み、
厄神鬼王(やくじんきおう)という神様が、
説教して改心させるため。 

いかがでしょうか?

鬼は内といいながら豆まきをするにも、
いろんな理由があって、
とても面白いですよね。

またこの他にも、
鬼塚さん、鬼頭さんのように、
苗字に「鬼」がついている家庭では、
鬼を追い出すのは縁起が悪いとされ、
別の掛け声で豆まきをします。

もしかするとあなたの近くでも、
「鬼は内」と豆をまいている人が
いるかもしれませんね。

ちなみに、
「福は外」という言葉にも
深い意味があります。

それは福を自分の家の外に出す事で、
他の家に福を与えたことになる
という意味なんです。

自分だけではなく、
周囲の人にも福を与えて徳を得る。
そう解釈されているんですね。

「情けは人の為ならず」

なんだか日本人らしい考えの、
この言葉を思い出してしまいます。

Sponsored Link

鬼も福の神も一緒だから鬼は内でも大丈夫?

ところで日本の昔話では、
鬼が律儀に恩返しをする話
意外と多いことを知っていますか?

例えば、節分の豆を買うお金にも
困っていた老夫婦が、

一生懸命働いても
福の神が来なかったことから、
ちょっとした冗談で、
「鬼は内」と豆をまいたという昔話があります。

その後、節分に各地を追われた鬼たちが、
老夫婦の家を訪れて、
一宿のお礼に財産を残して去る

そんな締めくくりで、
この話は終わりますが、
この様子はまるで福の神ですよね。

329903

また福の神は、
貧乏神と姉妹だとする昔話もあります。

つまり、幸せも不幸も表裏一体!

自分の行い次第で、
良いことも悪く
また逆に悪いことも良くなる
ということなんですね。

ならば節分には、
福だけではなく鬼も内へと
豆まきしても大丈夫。

ぜひ節分では、
自分の心の中にある、
意地悪な心の鬼を外に出す
そんな心構えで、
豆まきをしたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ