おせち料理の歴史を知ろう!

Pocket

おせち料理

毎年、お正月に食べている、
特別な縁起物のおせち料理

おせち料理がないと一年が始まらない!
そういっても過言ではないですよね。

そんなおせち料理ですが、
一体いつから始まったのか、
ご存知ですか?

今回は縁起物として欠かせない、
おせち料理の歴史をお伝えします。

Sponsored Link

おせち料理の起源は弥生時代

おせち料理の起源を調べると、
なんと弥生時代にまでさかのぼります。

みなさんもご存知のように、
弥生時代は、米作りが定着した時代ですよね。

当時の人々には収穫の際に、
自然の神々にお供えをし、
豊作を感謝する風習がありました。

この風習が、中国から伝わった、
季節の節目を祝う習慣と交わり、
その結果、お供食材で作った料理
食べるようになったんです。

つまりこの食事が、
おせち料理の始まりといわれているんですね。

Sponsored Link

宮中行事となったおせち料理

弥生時代から始まったこの風習は、
奈良時代になると
「節会(せちえ)」という、
不老長寿を願い、邪気払いをする、
宮中行事となりました。

この節会で食べられた料理を、
「御節供(おせちく)」と呼び、
これが、おせち料理の語源といわれているんです。

ところで、
季節の変わり目に行われたこの行事は、
年に5回行われており、
今のようにお正月だけ祝う形ではありませんでした。

三月三日ひな祭りや、
五月五日端午の節句は、
この節会のなごりなんです。

こんなにも昔のことが、
現在に伝わっているんですね。

おせち料理2

一般庶民に広まったおせち料理

江戸時代になると、
宮中行事が神様のお供え物という形ではなく、
季節の催し物として、一般庶民に広がりました。

そして新しい年を迎える
代表的な節会であるお正月に、
お祝いの料理を作るようになったんです。

そんなおせち料理が重箱になり、
新年に家族そろって食べる習慣は、
江戸時代後期にできあがったようです。

ちなみにこの頃は、
おせち料理とはまだ呼ばれておらず、
「食積(くいつみ)」と言われていたんですよ。

おせち料理1

現在のおせち料理事情

「おせち料理」と呼ばれるようになったのは、
実は第二次世界大戦後のこと。

百貨店で販売される過程で、
おせち料理と呼ばれるようになりました。

おせち料理という呼び名は、
つい最近のものだったんです。

本当にビックリですね!

時代を経て、現在では、
おせち料理も多種多様に変化しています。

中華風のものや洋風のもの、
中にはお菓子で作られた
おせち料理の重詰がつくられ、
百貨店や通販で気軽に購入できます。

その一方で、
昔ながらの手作りにこだわる家庭も多いですよね。

こう考えるとおせち料理は、
日本人の心や文化に根付いた、
大切な伝統的食文化なんだと気づかされます。

どんなに現代風にアレンジされても、
おせち料理の歴史は、
これからも続いていくんでしょうね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ