お年玉の由来と意味!渡す前に子供に教えてあげよう!

Pocket

867a0bb0d2cde7a8a051e47aff401b55_s

お正月で一番の楽しみはお年玉!
そんな子供だった方は多いですよね。

でもいつの間にか、
もらう側からあげる側へなり、
大人にとってはお財布に痛い、
お正月のイベントになってしまいました。

そもそもなぜ、
お正月にお年玉という、
お小遣いを渡す風習ができたのでしょうか?

ポチ袋に入れる理由は?
ポチ袋の「ポチ」って何?

今回は貰う側もあげる側も知らない、
お年玉の由来や意味について調べてみました。

Sponsored Link

お年玉の由来と意味とは?

現在のお年玉は、
子供に渡すお正月のお小遣いとなっていますが、
よく調べると、
お正月の行事に深く関わっていることが分かります。

昔の日本では、
お正月は新年を祝うとともに、
歳神様という新年の神様をお迎えし、
おもてなしをするという大切な行事でした。

それが時間を経て、
神社などでの神事だったものが、
一般へと浸透し、各家庭でも、
歳神様をお迎えするようになったんですね。

また歳神様は幸福や恵とともに、
魂を私達に分けて下さる、
と考えられていました。

その魂は、お供え物の鏡餅に宿るとされ、
これを食することで、
一年分の力を得ることができるとし、
家長から分けあたえられたお餅を、
家族みんなで食べていたんです。

つまり、この時食べた、
歳神様の魂が宿ったお餅が、
「お年魂」と呼ばれ、
その後、お餅の丸い形から、
現在の「お年玉」に変化していったんですね。

お年玉はもともとはお餅で、
お金ではなかったとは驚きですよね。

ちなみに、お餅からお金に替わったのは、
室町時代からと言われ、
江戸時代には現在のように、
お金が定着していたそうです。

Sponsored Link

お年玉で使われるポチ袋にも意味があった!

ところでお年玉というと、
忘れてはいけないのがポチ袋

一体どうしてこの袋を、
ポチ袋というかご存知ですか?

実はこのポチ袋という呼び名は、
関西に深い関係があるんです。

ポチ袋の「ポチ」は、
関西弁の「ぼちぼち」という、
「少しだけ」という意味から来ています。

ご祝儀袋のような大層なものではなく、
旅館や料亭などで働く人へ、
ちょっとしたお客からの、
「心づけ」が語源となっているんですね。

また、「これっぽっち」という言葉があるように、
少しですがお納めください、
という謙虚な気持ちも、
この袋には込められています。

子供に渡すお年玉を、
ポチ袋に入れるようになったのは、
この「少しだけど」という謙虚な気持ちが、
当時の人々の気持ちに、
ピッタリ来たからのようです。

これが全国に広まって、
現在ではお年玉に欠かせない
定番となっているんですね。

4566a7316768e4cde1c429a997d0ddb9_s

お年玉は、単なるお正月に渡す、
お小遣いではありませんでした。

お年玉を受けとった子供達が、
この1年元気にのびのびと過ごせるよう、
あげる側の私達も、
心を込めてお年玉をあげたいですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ