お年玉袋の正しい書き方!自分の名前は裏?表?

Pocket

178879

お正月に子供へ渡すお年玉

でも、いざお年玉の準備を始めると、
お年玉袋ってどこに名前を書くのかな?
なんて困ったことありますよね。

実はお年玉袋にも、
書き方やマナーがあることを知っていますか?

新年早々困らないように、
今回はお年玉袋の書き方とマナーについて、
お話ししましょう。

Sponsored Link

お年玉袋の書き方は?相手や自分の名前は?

ご祝儀袋では名前を書いていたけど、
今までお年玉には特に書いてない、
そんな方もいるとは思います。

お年玉にも、宛名や自分の名前を、
しっかりと書くのがマナーです。

基本的な書き方としては、
表にお年玉を渡す相手の名前を、
裏に自分の名前を書きます。

幼い子供に渡す場合は、
子供が自分へのお年玉と分かるように、
あえて平仮名で書くといいですね。

また最近のお年玉袋は、
キャラクターなどの可愛い絵柄や凝った形の、
表に宛名を書きにくいタイプをよく見かけます。

そんな時は相手の名前を省いても、
大丈夫なので安心してください。

ただし、子供が数人いる場合は、
間違えて渡さないように
端に小さく宛名を書くことをお勧めします。

ちなみにお年玉袋には、
金額を書かないことが基本です。

理由として、お年玉はご祝儀などと異なり、
お返しを必要としないから。

現在は、
このマナーにこだわらない風潮のようですが、
気になる方もいるので、
注意してくださいね。

Sponsored Link

お年玉袋にお札をいれるマナーはあるの?

あまり気にしない方もいるようですが、
お札の入れ方にもマナーがあります。

・新札を用意する
・お札を三つ折りにする

新札を用意することはよく知られていますが、
意外と知られていないのが、
この三つ折りの方法です。

お札の肖像が、開いた時に見えるように、
左、右の順に折るのがルールって知っていましたか?

この状態で天地が逆にならないよう、
お年玉に入れるのが、正しいマナーです。

ぜひ覚えておいてくださいね。

また、二千円札をお年玉に使っていいのか、
悩む場合もあるかと思います。

お年玉は別に、偶数の金額がダメ!
という習慣はありませんから大丈夫。

むしろ最近では珍しいお札ですから、
子供も喜ぶかも知れませんね。

111119

お年玉袋での注意点

最後に、お年玉袋で、
注意しなくてはならないことをお話しします。

お年玉は、
目上の者が目下の者
渡す場合に使う言葉です。

なので両親や上司の子供に渡す場合は、
お年玉ではなく、
「お年賀」
と書くのが常識なんですね。

うっかりでは済まされない場合もあるので、
間違わないように注意してください。

お年玉をもらう側の子供には、
気にならないことだと思いますが、
年に一度のことです。

お年玉のマナーをしっかり守って
渡してくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ