お雑煮と具の意味や由来 あなたは知っていますか?

Pocket

お雑煮1

お正月に、
お雑煮を食べないと年が明けた気がしない、
そんな人は多いはず。

お正月には欠かせない料理なのに、
お雑煮のことを、
みなさんはどこまで知っていますか。

今回は、
日本人ならぜひ知ってほしい、
お雑煮の由来や具の意味の話をしたいと思います。

Sponsored Link

お雑煮を食べるようになった由来は?

お雑煮の歴史は古く、
平安時代から食べられるようになった、
といわれています。

当時のお餅は、
お米を作っていた農耕民族の日本人にとって、
とても貴重な食べ物です。

そんなお餅は、大晦日に歳神様にお供えされ、
同じお供え物の季節の野菜と、
その年、最初に川から汲んだ若水(わかみず)と一緒に、
神様からのお下がりものとして、
お正月に食べられるようになりました。

そうすることで神様の力を授かり
一年を無事に過ごせる
と考えられていたんですね。

ちなみにこのお下がりものは、
「煮雑(にまぜ)」と呼ばれ、
「雑煮」の語源となったと言われています。

お雑煮2

平安時代には、
とても貴重で滅多に口にできなかったお雑煮ですが、
その後の室町時代になると、
武士の宴会の席で、一番最初に出される、
縁起物料理として振る舞われていました。

お雑煮は、
無いと武士の宴会が始まらないほど、
重要なものだったんですね。

さらに江戸時代には、
それまで里芋を使っていた一般庶民も、
お餅を手に入れられるようになり、
お餅の入ったお雑煮を食べる風習が、
一気に広まっていきました。

そしてそれが、
今に繋がっていくんです。

Sponsored Link

お雑煮の具の意味は?

日本料理にとって、
究極の縁起物料理とも言えるお雑煮

当然ながらお雑煮の具も、
縁起を担いだものばかりです。

しかしそのお雑煮の具は、
地域によって多種多様。

各地域のお雑煮を調べると、
必ず入っているのは餅だけ、
という状況です。

そんな中、いろいろな具を調べてみると、
定番と言われるお雑煮の具からは、
武家文化の影が!

例えば、
関東風お雑煮の定番といえる、
小松菜と鶏肉は、
「菜鶏」の語呂合わせで「名取り」として、

「敵大将の首を取って名を上げる」
願いが込められており、

一方、関西風お雑煮では、
人の頭になるほど出世する願いを込め
頭芋(かしらいも)が入っています。

どれも武士の出世したい、
戦に勝ちたい、
そんな願いがにじみ出ていますね。

武士の願いのこめられたお雑煮の具が、
現在に反映されているとは、
なんとも面白い話です。

お雑煮3

また、人の輪を意味する丸大根や、
勝負に勝つ意味の花かつおなど、
どれをとっても縁起の良い食材ばかりです。

もともと、
神様のお供え物が由来のお雑煮の具ですから、
それも納得ですね。
 
 
地域が違えばお雑煮もさまざま。

それでも一年の無事が込められているのは、
どのお雑煮も同じですよね。

今年のお雑煮は、
そんな込められた願いを思いつつ、
家族と一緒に食べたいですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ