お雑煮のお餅 関東と関西での違いは?理由はなに?

Pocket

d475ecf6c7cd77e77b4d5f77e11a7f14_s

お正月にお雑煮を食べると、
いよいよ一年が始まった、
そんな気持ちになりますよね。

そんなお雑煮ですが、
皆さんご存知の通り、
関東風と関西風のお雑煮があります。

どうして関東風、関西風と
違いがあるんでしょうか?

その違いができた理由をお話ししたいと思います。

Sponsored Link

お雑煮のお餅が関東と関西で違う理由

まずはお雑煮の主役である、
”お餅”の違いから始めましょう。

一般的に関東風は”角餅(または切り餅)”
関西風は”丸餅”と言われています。

このお餅、
もともとは丸餅でした。

丸餅は家族円満の象徴として、
また満月に模したことで、
豊作を願った縁起物として、
昔から食べられていました。

この丸餅をお正月に食べることで、
一年を無事に過ごせるようにと、
祈っていたんですね。

では丸餅が、
関東で角餅に変わった原因は何でしょうか?

それは「武士」が原因なんです。

戦が生活の中心だった武士は、
「敵をのす」の語呂合わせから、
丸餅ではなく、
のし餅を食べるようになりました。

その食べ方が、
武士文化の強い関東に広まったんです。

61585b5d706c5dd168f2f72a44d7ec13_s

また江戸時代になると、
一つ一つ手でまるめる丸餅よりも、
のし餅を切るだけで作れる、
効率的な角餅が好まれ定着することに。

合理性を愛する、
江戸っ子らしい話ですよね。

ちなみに関東風と関西風の料理の違いは、
関ヶ原の合戦で有名な、
岐阜県関ヶ原を境としているといわれています。

関東風と言われるものには、
深く武士が関わっていたんですね。

Sponsored Link

お雑煮の汁が関東と関西で違う理由も武士

一方、お雑煮の汁の味付も、

関東風はすまし汁
関西は味噌仕立て

といわれ、
大きな違いが見受けられます。

こちらもお餅の形同様、
もともとは味噌仕立てが主流だったんです。

そして関東風がすまし汁になった理由にも、
「武士」が大きく関わっているんですね。

失敗一つで命にかかわる事になる武士。

なので失敗する意味である、
「味噌がつく」という言葉を嫌った武士は、
お雑煮の汁を味噌仕立てから、
すまし汁に変えたと言われているんです。

他にもあるお雑煮の関東と関西の違い

関東風と関西風の違いは他にもあります。

簡単に説明しますね。

・関東風はお餅を焼いて入れる。
 具材は鶏肉、人参、大根、三つ葉、
 かまぼこ、小松菜など具だくさん
 
・関西風はお餅を煮込み、
 具材は里芋、人参、大根と
 シンプルになっている

具に関しては、地域ごとの特色が強く、
一概に関東風、関西風と言えない場合もありますが、
違いがハッキリとしていて興味深いですね。

お雑煮

関東風と関西風の、
お雑煮の違いと理由を知ると、
「武士文化」が関係しているとわかります。

武士の影響が色濃く伝わる関東風。
昔の伝統がいまだ息づいている関西風。

今年はどちらのお雑煮にしようか、
迷ってしまいます。

いっそ食べ比べてみるのも、
一興かもしれませんね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ