これで大丈夫!干支の読み方や順番の簡単な覚え方!

Pocket

d38da514a0a8eeb9c0c9e9f002769c1c_s

お正月、年賀状に必ず顔を出す干支

最近は自分の干支を知らない人もいますが、
日本人としては、
ぜひ覚えておきたいものです。

たった12種類の動物達なのに、意外と忘れがちな、
干支の簡単な覚え方をご紹介したいと思います。

Sponsored Link

まずは干支の動物の順番と読み方から!

まずは基本として、
干支に出てくる動物の順番と読み方がこちら。

・子(ね)=ねずみ    
・丑(うし)
・寅(とら)
・卯(う)=うさぎ
・辰(たつ)=りゅう
・巳(み)=へび
・午(うま)
・未(ひつじ)
・申(さる)
・酉(とり)
・戌(いぬ)
・亥(い)=いのしし

しかし、この順番には
面白い逸話があります。

昔、お釈迦様が、
「新年の挨拶に来た先着12匹を干支にするよ!」
と言いました。

動物達は干支になりたくて、
新年に急いで挨拶にむかったんです。

つまりこの干支の順番は、
お釈迦様に新年の挨拶をした順番なんですね。

ちなみにねずみが1番となった理由は、
真面目に早起きして挨拶にむかった、
うしの背中に乗っていたから。

頭のいいねずみは着く直前に、
うしの背中から飛び降り、
楽して一番になったんですって。

頑張ったうしの気持ちを考えると、
ちょっと切ないお話ですよね。

07bacbe718d75bbb5f58ce2554ba7c85_s

定番の干支の順番の覚え方!

昔からの覚え方としてある方法が、
「ねー、うし、とら、うー」
と繰り返し唱えるというもの。

歌のように、リズムをとり口ずさむことで、
無理なく暗記しようという方法ですね。

この暗記方法では、
次のように3か所に分ける人が多いようです。

ねー・うし・とら・うー・たつ・みー
うま・ひつじ、
さる・とり・いぬ・いー

幼い頃、このリズムを何度も唱え、
干支を覚えた人は多いと思います。
 
 
でも、残念なことに幼い私には無理でした…

そんな私が四苦八苦して考えついた、
干支の簡単な覚え方を紹介します!

Sponsored Link

オリジナル!干支の順番、読み方の簡単な覚え方!

私流の覚え方では、
まず干支を4種類ずつ、3つに分けます

まずは「ね・うし・とら・う」の4匹から。

ねずみうしの順番は、
先にお伝えしたお釈迦様への挨拶話で覚えました。
うしの背中にのったねずみを想像してください。)

その後は純粋に足が速かった、とら
そして、うさぎが寝ずに走ってくるところを想像して覚えます。
 
 
次に「たつ・み・うま・ひつじ」ですが、

タツミ(たつ・み)さんは馬顔(うま)で、
執事(ひつじ)の仕事をしている。

このように語呂で覚えます。

最後の「さる・とり・いぬ・い」
桃太郎の話で覚えます。

お供の3匹が鬼退治の途中で、
晩御飯の準備にとイノシシ(い)
追いかけているんですね。

しかも、さるいぬと仲が悪いので、
間にとりが入ってケンカをしないようにしているんです。

これで干支の覚え方は終了。

もしも、さるいぬの順番を
忘れたときは、
このお話を最後に教えてくれたのは、
イヌイさん(いぬ・い)と覚えて乗り切りましよう。

8cecc761360856379dc8b69361af9e29_s

以上が私流の覚え方です。

これで簡単に干支を覚えられると思いますが
どうでしょうか?

昔は年や時間を干支で数えていましたが、
今ではお正月で使うくらい。

それでも日本人の常識として、
スラスラ言える自分でありたいですよね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ