つるし雛の由来と可愛いおかざりの意味は?

Pocket

22ab59b8b6fa57a4c3eb35275953bdca_s

ひな祭りに飾られる雛人形。

その雛人形の周りで、
可愛い人形たちがつるされているのを、
見たことありませんか?

一見すると、
雛人形を引き立てる飾りのようですが、

実はこれ、
「つるし雛」といって、
雛人形同様に、
娘の成長を願う気持ちが込められた、
大切なものなんです。

今回はそんなつるし雛の由来と、
人形に込められた意味についてお話ししますね。

Sponsored Link

つるし雛が飾られるようになった由来は?

つるし雛の始まりは、
江戸時代、伊豆の稲取地区から、
と言われています。

実はこの時代、
すでに雛人形を飾る風習が定着していましたが、
高価な雛人形を飾れるのは、
上流階級のみという状態。

一般の庶民には、
なかなか手が出せない物だったんですね。

でも、
娘の幸せを願う親の気持ちに、
貧富の差なんて関係ありませんよね。

なので娘が生まれると、
母親や祖母、または近所の人々が、
小さな人形を作り、
それを持ち寄ることで、
雛人形の代わりとしたんです。

その後、たくさん集まった人形は、
魔除けの意味も込められた赤い紐で、
吊るして飾るようになりました。

これが、つるし雛の由来です。

つるし雛には、
娘の幸せを願う、
たくさんの人の想いが込められているんですね。

なんだか素敵なお話です。

Sponsored Link

つるし雛のおかざり一つ一つにも意味がある!

ところで、つるし雛の人形のことを、
おかざりと呼びますが、
この、おかざり一つ一つには、
縁起の良い意味が込められています。

代表的なおかざりの意味は、
次の通りです。

・犬
犬はお産が軽いことから、
娘の「子宝・安産」の願い
が込められています。

・這い子人形(はいこにんぎょう)
赤ちゃんが、
ハイハイしているこの人形のように、
元気に育ってほしいという意味。

・唐辛子
人形をしまう際に、
防虫剤として利用されていたことから、
可愛い娘に悪い虫がつかないように、
という願いを込めています。

・桃
昔から、
邪気を払う果実とされてきた桃。
たくさん実がなる様子から、
子だくさんになる、
という意味も込められています。

・猿
猿を「去る」にかけた語呂合わせで、
災いや病が去るようにという意味。

つるし雛

つるし雛の一般的な形は、
1列11個のおかざりとしたものを、
5列作って円状に吊り下げ、
そしてそれを2つ作り
対で飾ったものです。

つまりおかざりは、
110個もあるんですね。

それ一つ一つ全てに、
意味が込められている。

そう考えると、昔の人の、
娘の成長を祈る気持ちが、
強く伝わってきますよね。

雛人形の美しい着物姿や、
立派な家具や道具とは違い、
つるし雛には、
素朴な愛らしさが感じられます。

また、娘の幸せを願いながら、
一針一針縫っていたと想像するだけで、
心が温かくなりませんか?

現在では雛人形を飾ることが
主流となっていますが、
一緒につるし雛を飾って、
娘の幸せを願ってみるのもいいですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ