ひな祭りに欠かせない菱餅の由来と意味は?

Pocket

菱餅

3月3日のひな祭りに、
菱餅は欠かせない、
重要なアイテムですよね。

日本の伝統行事に欠かせない食べ物には、
何かしらの意味が込められていますが、
菱餅もその例外ではありません。

つまり、あの菱餅の色にも、
キチンとした意味があるんです!

そこで今回は、
菱餅の由来と色の意味について、
お話ししますね。

Sponsored Link

ひな祭り欠かせない菱餅の由来とは?

菱餅の始まりは、
ひな祭りの由来である、
中国の「上巳(じょうし)の節」
から始まったとされています。

この上巳の節は、
川に入ることで身を清め、
1年の穢れを落とす行事ですが、
その時に「母子草(ははこぐさ)」を使った、
緑色の団子を食べていたんですね。

この団子が上巳の節と一緒に、
日本に伝わり、
現在の菱餅になったんです。

ちなみに中国では、
「母子草」を使っていましたが、
日本では「よもぎ」を使っています。

どちらの草も、
本来は薬として利用されており、
主な効能は解熱、生理不順とのこと。

娘の幸せや健康を祈る、
そんなひな祭りに合った効能ですよね。

Sponsored Link

たくさんの意味が込められた菱餅の色!

一般的に菱餅には、
子孫繁栄や、健やかに育つ
という意味が込められています。

そして菱餅の色や重なる順序にも、
意味が込められているんですね。

■菱餅の色の意味
 
緑…よもぎ(解熱、生理不順、増血作用)
芽が出る力強さから、
健康に育つ意味が込められています。

白…菱の実(血圧を下げる)
菱の効能から長寿や子孫繁栄、
その色から、
純潔の意味がつけられています。

赤…クチナシ(解毒作用)
桃の花に似た色から、
魔除け厄除けの意味が込められています。

■菱餅の色が重なる順序の意味

上から赤、白、緑の場合
残雪の下には新芽が息づき、
溶けた雪の上で桃が咲いている。

上から赤、緑、白の場合
残雪から新芽が出て、
桃の花が咲いている。

また地域によっては、
黄色(月)やオレンジ色(太陽)が加わって、
菱餅が5色の場合もあるようです。

意外と菱餅の色には、
たくさんの意味が込められていたんですね。

本当に驚きです!

菱餅1

意外と知らなかった!菱餅の食べ方は?

ところで皆さんは、
菱餅に縁起が良いとされる、
食べ方があることを知っていますか?

最近では、
菱餅を食べる機会が無いので、

菱餅を食べたことのない!
菱餅って食べられるの?

なんて人がほとんどだとか。

実はこの菱餅、
角をちぎりながら食べると、
「角が立たない」
という語呂合わせで、
丸く生きられるといわれています。

また、
菱餅は普通のお餅と同様に食べられるので、

ちぎった後は、
餡子やきな粉をまぶしたり、
焼いて海苔を巻いたりと、
自由に楽しめるんです。

特に菱餅には、
いつまでに食べるというルールはありませんが、
せっかくの菱餅ですから、
ぜひ家族と一緒に、ひな祭りに食べたいもの。

最近では小さな子供も喜ぶ、
ゼリーやアイスで出来た、
菱餅の代用品もあります。

一度、ひな祭りには、
家族そろって菱餅を食べて、
菱餅に込められた意味をかみしめるのも、
いいのではないでしょうか。

いつもとは一風違う、
ひな祭りの思い出を作ってくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ