ひな祭りの由来!子供へ簡単に説明しよう!

Pocket

83573142654e42f94d232c6dddba5d19_s

3月3日のひな祭りは、
女の子の幸せと成長を祈る
大切な日本の伝統行事です。

ひな祭りの日には、
ひな人形や桃の花を飾り、
ちらし寿司やアラレを食べ、
お祝いをしますが、

その由来を知っている人は
意外と少ないんですよね。

今回はそんなひな祭りの由来を、
子供にも伝えられるよう、
簡単に解説します。

Sponsored Link

ひな祭りの由来とは?

女の子の成長を祝うひな祭りですが、
実は2つの行事が合わさって、
現在の形になっています。

一つ目の由来は、
中国から伝わったもので、

3月3日の季節の変わり目に、
川で手足を洗い流し、
その年に自分に起こった悪いことを、
一緒に洗い流す風習です。

この風習は日本にも伝わりましたが、
中国とは異なり、
手足を洗う代わりに、
自分の身代わりとした、
紙の人形を洗い流して厄払いとしていました。

ちなみにこの紙の人形を洗い流す風習は、
現在でも一部の地域で残っています。

そしてもう一つの由来は、
今でも女の子がよく遊ぶ”ままごと”です。

平安時代、宮中の女の子は、
「ひいな遊び」という
人形遊びをしていました。

この人形遊びが、
身代わりの紙の人形を川に流す風習と交わり、
子供の厄を代わりに受ける人形として、
飾るようになったんです。

昔から、
女の子の定番だったままごと遊びが
ひな祭りの由来の一つだとは驚きですよね。

Sponsored Link

ひな祭りが3月3日となった由来は?

ではどうしてひな祭りは、
3月3日に行われるのでしょうか。

それは平安時代の、
「五節句」という行事から始まっています。

五節句とは季節の変わり目に、
健康と厄払いを願う行事です。

1月7日 七草かゆ
3月3日 桃の節句
5月5日 端午の節句
7月7日 七夕
9月9日 菊の節句

上記が五節句の日にちですが、
現在まで伝わっている様子が分かりますよね。

この桃の節句が、
ひな祭りとなった理由は、
ちょうどこの時期に、
桃の花が開花することに関係があります。

には昔から、
「鬼」を筆頭とした、
邪気や厄を払う力があるとされていました。

また桃の花の美しさを、
女の子の可憐さと重ねて、
例えられていたようです。

57c31d0931e2e44e9f1e8e1789e4acbd_s

中国から伝わった風習も、
3月3日に行われていたことから、
桃の節句は、
ひな祭りにふさわしいとして、
定着したんですね。

現在でもひな祭りには、
桃の花を飾りますが、

あの可憐な桃の花が、
女の子に向かってやってくる、
悪い虫を払う力があるなんて、

特に父親にとっては、
感慨もひとしおですよ。

ひな祭りの由来には、
女の子を思う、
親心が込められていています。

ぜひ子供には、
ひな祭りの由来をわかりやすく伝えて、
お祝いをしてあげましょう。

きっと子供にとっても、
ひな人形に込められた、
子供を思う親の気持ちを知ることで、
印象深いひな祭りになりますよ。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ