ひな祭りの食べ物にはどんな由来や意味があるの?

Pocket

cddec4c4769d13cdf50cbca4f677d4eb_s

昔から伝わる日本の行事には、
その日に食べると良いとされる、
お祝い料理がありますよね。

もちろん3月3日のひな祭りにも、
お祝い料理がありますが、
その意味や由来を知っていますか?

いつも何気なく、
ひな祭りの準備をしている人が
ほとんどですよね。

そこで、
今回はより一層ひな祭りを楽しむために、
ひな祭りで用意する、
食べ物の由来や意味について、
お伝えします。

Sponsored Link

ひな祭りの食べ物の由来や意味は?

ひな祭りの食べ物は、
ひな祭りの時期が冬から春に変わる、
季節の変わり目ということから、

春の食材を食べることで、
「体に春の息吹を吹き込もう」
という考えから始まっています。

また、女の子の節句となる事で、
色鮮やかな食事を中心に、
好んで食べられるようになったんですね。

主な食べ物の意味としては、
以下の通りです。

菱餅

菱餅の色には意味があり、
緑が若草白が残雪
ピンクは桃の花を表現しています。

この色は、
「雪が溶けることで草や花が咲く」
という意味から、
成就祈願の食べ物とされています。

ちなみに桜餅を食べる習慣は、
菱餅より簡単に作れる事から、
菱餅の代わりとして始まり、
定着したようですね。

ひなあられ

菱餅と同様の意味の他に、
黄色を足すことで四季を表し、
娘が一年を健やかに成長できるよう、
祈りが込められています。

f35226a723ba81c957af548cfd2653e5_s

はまぐりのお吸い物

対になっている貝以外では
合わさらないことから、
仲睦まじい夫婦を意味しています。

娘が一生添い遂げられるように、
願って作られた食べ物です。

ちらし寿司

ちらし寿司に関しては、
料理よりも、
その具に意味が込められています。

例えば蓮根は見通しが利くように、
海老は長く健康に生きる
豆はまめまめしく働く
という意味が込められています。

また、ひなあられ同様、
色で四季を表しています。

白酒

本来は桃の花びらを浮かべた、
桃花酒のことを指します。

桃の花びらを浮かべた酒を飲むことで、
邪気をはらい
体力を充実させる
意味が込められているんですね。

現在では幼い子供が飲めるよう、
甘酒が主流となっていますが、
本来は本当のお酒なんですよ。

いかがでしょうか。

どの食べ物にも、
縁起のよい意味があったんですね。

Sponsored Link

ひな祭りのお祝いを貰ったら?

ところで、親類などから、
ひな祭りのお祝いを頂いた場合
どうするかご存知ですか?

ひな祭りのお祝いは、
「貰い得」の部分が多くて、
半分返しをする必要はありません。

大抵、一週間後を目途に、
頂いたお祝いの、
三分の一くらいのお菓子とお礼状を贈るのが、
礼儀とされています。

ちなみに贈るお菓子は、
桜餅が定番となっていますが、
春の華やかさを分け合う意味
が込められているそうです。

春を分け合うなんて、
素敵な意味があったんですね。

e8e4c43dc124a70721d687789685b54b_s

ひな祭りでの食べ物には、
どれも、
縁起の良い意味が隠されていますよね。

いつの時代になっても、
親が子の健やかな健康を願うことは
同じなのでしょう。

今年のひな祭りでは、
そんな縁起の良い食べ物を、
昔の人と同様に、
心を込めて作って下さいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ