バレンタインにチョコを渡す由来は?実は海外から始まった!?

Pocket

bsC824_akahartbox

すっかり2月の大イベントとなっている、
バレンタインデー

学生の時はドキドキで待ち遠しい
告白イベントだったのに、

社会人になると、
義理チョコの準備で、
面倒なイベントになってしまった。

そんな人も多いのではないでしょうか。

ところで、バレンタインデーに、
どうしてチョコを渡すのか。
いつから始まったイベントなのか。

あなたは知っていますか?

今回はそんなバレンタインに関する、
知っておくと自慢したくなる話を、
お伝えしましょう。

Sponsored Link

バレンタインの由来はローマ時代

バレンタインの由来は、
ローマ帝国までさかのぼります。

当時のローマ皇帝・クラウディウス二世は、
若者が戦争に参加しないことに怒り、
若者が兵士になるように、
また、兵士の士気を高めるために、
結婚を禁止したんです。

それを哀れに思ったバレンタイン司祭が、
密かに兵士たちを結婚させていました。

が、このことが皇帝の知るところとなり、
捕らえられた上に、
2月14日に処刑となってしまうんです。

このバレンタイン司祭の行動
のちに感謝されるようになり、

処刑された日の2月14日を、
バレンタインデーと呼ぶようになったんです。

なんだか切ない由来ですね。

Sponsored Link

バレンタインデーにチョコを渡す由来は?

よく勘違いされている方がいますが、
チョコを渡す由来は、
日本発祥ではなく、
海外から伝えられたものです。

イギリスのチョコレート会社である、
キャドバリー社が考え出したもので、
このバレンタインにチョコを渡す風習が、
海外で広まっていったんですね。

それから後の1936年
神戸のモロゾフ洋菓子店が、
「バレンタインチョコ」に関する広告を出し、
日本人の知るところとなりました。

ちなみに海外では、
バレンタインに渡すものはチョコに限らず、
花束やアクセサリー、カードなど様々

また、女性から男性へではなく、
日頃の感謝の気持ちを込めて、
男性から女性へプレゼントを渡す習慣の方が、
逆に多いくらいです。

bsC824_chokotegamihako

日本のバレンタインが、
現在のように、チョコだけに特化し、
女性から男性に送るようになっているのは、
日本の洋菓子メーカーの戦略によるもの。

東京の伊勢丹で、
メリーチョコレート社
チョコレート販売を始めたのを皮きりに、

森永製菓や輸入雑貨店のソニープラザが、
女性をターゲットとした、
バレンタインのチョコ販売を開始。

これがきっかけとなり、
女性が男性に愛や感謝を伝える、
現在のバレンタインの形が、
日本中に広まったんです。

つまり、日本のバレンタインには、
洋菓子メーカーの、
商売魂が潜んでいたんですね。

ともあれ、バレンタインデーでは、
愛する気持ちや感謝の気持ちが、
毎年伝えられています。

この様子を知ったら、
バレンタイン司祭も、
喜んでくれるのではないでしょうか。

今年のバレンタインは、
そんなことを考えながら、
大切なあの人へ、
気持ちを込めたチョコを贈ってくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ