ホワイトデーのお返しは?子供向けの手作りレシピ特集!

Pocket

d9e55a66ea7590a052dc429b34403144_s

今やバレンタインは、
子供たちの間でも、
立派なコミュニケーションツールのひとつ。

幼稚園のちびっ子たち、
小学生もお友達に配る、
「友チョコ」を用意する時代です。

中・高生なら自分で勝手にやるでしょうけど、
ちびっ子たちはそんなわけにもいきません。

そうなってくると大変なのはママ!

ママの中には、
何でも卒なくこなしてしまうママさんもいます。

でも、お料理はしても、
お菓子作りはちょっと…

という方もいらっしゃるでしょう。

子供たちのやりとりですから、
市販のものを「ハイ!」
なんてわけにもいきません。

今回は、
お菓子作りなんて普段しない、
ママさんのためのレシピをご紹介します。

もちろん、
お子様と一緒に楽しみながら作って頂きますよ〜!

Sponsored Link

ホワイトデーのお返しは何がいい?

そもそも、
お返しとかじゃなくなっている現実。。。

ハッキリ言って、
バレンタインホワイトデーも、
お友達とのお菓子の交換イベントなんです。

イベントなら楽しまなくてはいけません!

でもその前に、
子供たちが交換して、
持って帰って来たお菓子を見て、
こんな風に思ったことありませんか?

「手作り感あふれていて可愛いけど、食べても大丈夫かな?」
「手でこねこねしてそうだけど、手洗いしてくれるかな?」

などなど、
普段、子供たちの行動を目の当たりにしてる分、
疑問も湧いてきてしまいますよね。

プレゼントしたお友達の保護者の方に、
そんな風に思われない、
手作りお返しにチャレンジ!

Sponsored Link

子供と作るホワイトデーお返しレシピ

バレンタイン=チョコ
ホワイトデー=クッキー

という方程式が頭の中にはありますよね。

忘れましょう!

クッキーは、生地の型抜きの時に、
どうしても手で触る事になります。

基本、
手で触らなくてもいいメニューにした方が、
衛生的です。

そして、作る前は、
お子様と一緒に、
念入りに手洗いをお忘れなく!

では1つめ!

「クランチチョコ」

<準備するもの>
1.板チョコ・・・好きなだけ
(子供向けなのでミルク、ホワイトがおすすめ)

2.シリアル・・・好きなだけ
(クッキーをビニールに入れ砕いても可)

3.直径3cmくらいのお弁当おかず用ミニカップ
(お好みで100均で調達)

<作り方>
1.板チョコをそれぞれ別の容器に入れて溶かす。
※湯煎でもレンジでも。
レンジはワット数によって、
加熱時間が変わってくるので要注意!

2.溶かしたチョコの中にシリアルを投入。
※シリアルが多過ぎると、
固まりにくくなるので気をつけて!

3.ミニカップに、
スプーンで一口大くらいをテキトーにすくって並べる。
※スプレーチョコをトッピングすると可愛さUP!

4.しばらく放置で固まったら出来上がり。

ミニカップは、
カラフルな方が子供たちには人気があります。

ついでに自分のも作りたい!
っていうママは、
ブラックチョコにラムを少し利かせて。

これだけで大人のクランチチョコに変身します!

a65e2ad6dda1843651d63f6d2c907bf6_s

続いて2つめ!

「ペロティ風チョコ」

<準備するもの>
1.板チョコ・・・好きなだけ
(ミルク、ホワイト)

2.カラフルなグミ・・・少々(小さく刻む)
これはママさんのお仕事で!

3.直径4~5cmくらいのお弁当おかず用アルミカップ
(途中でピックを刺すのでアルミで)

4.お弁当用のピック・・・必要数

<作り方>
1.板チョコをそれぞれ別の容器に入れて溶かす。
※湯煎でもレンジでも。
レンジはワット数によって、
加熱時間が変わってくるので要注意!

2.アルミカップに刻んだグミを少しちりばめる。

3.グミの上に、ホワイトチョコを5~7mmくらい、
スプーンで流し入れる。

4.少し固まったら、
アルミカップの横側(外)から、
ホワイトチョコの上に乗るようにピックを刺す。

5.その上にミルクチョコを流し入れる。
※ホワイトチョコとミルクチョコで、
ピックがサンドされるイメージ。

6.固まったらアルミカップを外して出来上がり。

湯煎にしてもレンジを使っても、
お湯や器でのヤケドには、
十分注意してくださいね。

どちらも、
直接手で触る事はないので衛生的です。

あとは、
可愛らしくラッピングを工夫してみてくださいね。

プレゼントする、
お友達や保護者の方に喜ばれますように〜!!

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ