七草粥の由来と七草の意味は?七草粥はいつ食べる?

Pocket

b707eafabf485c7290d36f693a69f6a9_s

正月が終わると食べるもの!
と言えば七草粥ですよね。

暴飲暴食で疲れた胃腸を、
七草粥で休ませるために食べる。
と言われていますが、

もともと食べられるようになった理由
知っている人は少ないはず。

今回はそんな、知っているようで知らない、
七草粥を食べるようになった由来や、
七草の意味をお伝えしましょう。

Sponsored Link

奥深い七草粥の由来

七草粥は、
1月7日の朝に食べるものです。

実はこの七草粥、
中国から伝わった風習に由来するのを
ご存知でしょうか?

古代中国では、新年の運勢を、
正月に占う風習がありました。

その中で1月7日は人を占う日とされ、
この日だけは、人に刑罰をかけない、
人の命を奪わない、
という決まりになっていたんですね。

そんな決まりが時間を経て、
人を大切にするという意味を込めた、
「人日(じんじつ)の節句」として、
中国で定着することになります。

そしてこの人日の節句に、
7種類の若菜を入れた汁を食べて、
一年の無病息災を祈っていたんです。

この風習が日本に伝わり
現在の七草粥になった、
というわけなんですね。

つまり七草粥は、
1月7日の松の内に関係する正月行事ではなく、
人日の節句からきた風習だったんです。

Sponsored Link

七草の意味を覚えよう!

では七草粥に入れられる七草

子供のころ、

セリ・ナズナ・ゴギョウ・ハコベラ・ホトケノザ・
スズナ・スズシロ

なんて、リズムにのせて覚えていましたが、

この七草には、
どんな意味が込められているのでしょうか。

簡単に意味と効用をお伝えしますね。

・セリ
勝負に競り勝つという語呂から、
縁起のよいものとされている。
食欲増進に効果あり。

・ナズナ
撫でて汚れを払うという意味が込められている。
効果は殺菌や利尿作用

・ゴギョウ
仏の体を表していると言われている。
咳を鎮める効果がある。

・ハコベラ
繁栄がはびこると意味している。
歯槽膿漏や口臭予防の効果あり。

・ホトケノザ
仏の安座に似ている形から、
縁起の良いものとされている。
解熱の作用あり。

・スズナ
カブの葉のこと。
神様を呼ぶ鈴という、
縁起のよい意味がある。
整腸作用や食欲増進の効果あり。

・スズシロ
大根の葉のこと。
漢字では「清白」と書くため、
穢れがないという意味が込められている。
効果は便秘解消

9c61b5ab320d79e60ff8fa015acdf5e0_s

いかがでしょうか。

確かにどの七草にも、
縁起のよい意味だけではなく、
疲れた体を癒す効果が含まれています。

これを食べない手はないですよね。

ところで平安時代の女流作家、
清少納言が書いた「枕草子」にも、
七草粥についての記述があるってご存知ですか?

これってつまり、
清少納言も七草粥を食べていたということ。

そんな昔から親しまれてきた、
七草粥の風習や意味を考えながら、
1月7日は、家族みんなで暖かい七草粥を食べ、
健康な一年を過ごしてくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ