内定先への年賀状!不安な人はこの例文を参考に!

Pocket

内定先

学生生活も終わりが近づき、
来春からいよいよ社会人になります!
というあなた。

内定先に年賀状を出すべきかどうか、
迷っていませんか?

虚礼廃止をしている内定先ならば、
送る必要はありません。

でも内定先から年賀状が届いたのに、
自分が出していないと、
かなり気まずい気分になりますよね。

内定先へ送る年賀状は、
失礼がないよう書かなくてはと、
つい不安になるものです。

でもご安心を!

今回は内定先へ送る年賀状のルールと、
例文をお伝えしたいと思います。

Sponsored Link

内定先への年賀状!宛名の書き方は?

内定先への年賀状を書く際
考えなくてはいけないことが、
宛先を誰にするかです。

社長、人事部、総務部と迷いますよね。

この場合、
1番接点のあるところに送るのが基本です。

場合によっては、社長に送っても、
失礼にはなりませんのでご安心を。

内定先の規模にもよりますが、
お世話になった担当者がいるなら、
その方に出した方がいいですね。

宛先が決まったら、
次は宛名の書き方です。

○○株式会社
人事部
部長 山田 太郎 様

頂いた名刺があるならば、
名刺通り省略せず
縦書きで丁寧に書いて下さい。

もちろん印刷ではなく、
手書きが好ましいです。

差出人の書き方は、

○○大学○○学部○○学科四年
鈴木 次郎

このように、名前の前に、
在籍中の学科まで書くのが基本ですよ。

Sponsored Link

内定先への年賀状の例文

内定先への年賀状ですが、
あくまで仕事上のものです。

当然ながら、
家族等の写真が入った年賀状は避けるべき。

また意外と忘れがちですが、
「寿」「新春」「賀正」など、
1~2文字の言葉は、
「謹んで」の意味が入らない賀詞(がし)なので、
目上や上司に使う言葉ではありません

ここでは「謹賀新年」のような、
4文字のものを選択します。

これらに注意をし、
新年の賀詞、採用のお礼、
今後の意気込みを盛り込んだ例文がこちらです。

初春のお慶びを申し上げます。
貴社に内定を頂きました○○大学の○○と申します。

面接に際しましては、
大変お世話になりありがとうございました。

新しい年を迎え、
いよいよ社会人としてスタートすべく、
気持ちを新たにしております。

入社の暁には一日も早く皆様のお役に立てるよう、
精進怠りなく励む所存でございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

平成○○年 元旦

できれば筆ペンで書きたいところですが、
難しいのであれば、
万年筆水性ペンでも問題はありません。

誤字脱字がなく、
丁寧に書かれていることが、
一番大切なんですね。

内定先1

このように、
正しいマナーにのっとって
内定先に年賀状を書くことは、
難しいことではありません。

心を込めた年賀状を内定先に送り、
新春から社会人として、
輝かしいスタートをきって下さい!

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ