冬至にかぼちゃと小豆を食べるのはなぜ?その由来と理由は?

Pocket

冬至
「冬至には何を食べる?」

そう尋ねられたら皆さんは何と答えますか?

「かぼちゃや小豆を食べる日。」
そう答える人がほとんどではないでしょうか。

でもどうして食べるのか知っている人は少ないはず。

そんな意外と知られていない由来と理由をを、
簡単にわかりやすくお伝えしますね。

Sponsored Link

そもそも冬至ってなに?

冬至の風習は中国から伝わったと言われています。

冬至は一年で一番日中が短い日です。

翌日から太陽の出ている時間が伸びることから、

「弱まった太陽が生まれ変わる日」
「運気が上がり始める縁起の良い日」

として中国ではお祝いされていたんですね。
 
 
一方、日本では、
中国の冬至とは少し異なって伝わったようで、
「死に近い日」
と考えられていました。

冬至の後は厳しい冬が待っています。
今と違って、寒いだけではなく食料も少なかった冬。

この死と隣り合わせの冬を乗り切るために、
厄を落とす大事な日と位置付けられていたんですね。

Sponsored Link

冬至にかぼちゃを食べる由来と理由は?

ではなぜ冬至に
夏野菜のかぼちゃを食べるのでしょうか?

それは「ん」のつく作物を食べると運が上がるという
「運盛り」という考えがあったから。

そのなかで特に運がよくなる食べ物のとして、
「冬至の七種」と呼ばれるものがこちらです。

・南瓜(なんきん=かぼちゃ)
・蓮根(れんこん)
・人参(にんじん)
・寒天(かんてん)
・饂飩(うどん)
・銀杏(ぎんなん)
・金柑(きんかん)

 
 
「いろは歌」の最後が「ん」で終わることから、
「ん」はよく物事の終わりに例えられていたようで、
そこから冬至に「ん」がつく物を食べる
という習慣につながったと言われています。

かぼちゃはビタミンやカロチンが豊富で高カロリーと、
食料の少ない冬には欠かせない野菜です。

その他に切り口が太陽に似ている
日持ちがするなどの理由で、
かぼちゃを冬至に食べて、
厳しい冬を乗り切ろうという昔の人の知恵
今に伝わったんですね。

かぼちゃ

冬至に小豆を食べる由来と理由は?

かぼちゃと比べて小豆を食べる理由はシンプルです。

小豆の色を思い出してください。
ちょっと赤色っぽいですよね。

この小豆の赤色が厄除けに良いとされ、
冬至に食べるようになりました。

また小豆は体を温める効果があるので、
こちらも冬にピッタリの食べ物。

昔から日本に伝わってきた、
風習の無駄のなさには本当に驚かされます。

red-beans-587592_1280

地域によって異なるかぼちゃと小豆の食べ方

ところで、冬至のかぼちゃと小豆ですが、
地域によって微妙に食べ方が異なるようです。

北海道の一部では、かぼちゃをお団子にしたお汁粉風
東北ではかぼちゃと小豆を煮た「いとこ煮」にして、
また冬至の朝に小豆のお粥を食べる地域もありますよね。

こう見ると寒さの厳しい北国には、
冬至とかぼちゃ、小豆の関係
色濃く伝わっているようです。

まとめ

冬至にかぼちゃと小豆をたべる由来と理由を、
知れば知るほど、昔から良いとされることには、
意味があるんだとわかります。

今年の冬至は、昔の人の知恵を思いながら、
かぼちゃと小豆を食べて過ごしたいですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ