Pocket

3月3日は女の子のイベントのひな祭り!

生まれてから初めて迎えるひな祭りを初節句といい、
盛大にお祝いをします。

今回はひな祭りの初節句の、
祝い方・食事・服装などについて調べて記事にしました。

ぜひ参考にして、しっかりお祝いをしてあげてくださいね。

Sponsored Link

ひな祭りの初節句の祝い方!

ひな祭りのお祝いには欠かせないひな人形は、
母方の両親から贈るのが普通です。

ひな人形は一式揃えると、
立派なものだと15万円ほどかかるものもあります。

母方の両親にとっては大きな負担になるので、
最近では、父方の両親と折半するケースも増えてきています。

ひな人形を飾る時に気を付けたいのは、住宅事情

豪華なひな人形を贈っても、飾る場所がなかったり、
保管スペースがないと、贈られた方も困ってしまいますよね。

相手の住宅事情を踏まえた上で、ひな人形を選ぶようにしましょう。

イオンやトイザラスのような大型量販店を利用すると、
手軽なものが安めの価格で購入できますよ。

Sponsored Link

ひな祭りで定番の食事とは?

初節句のひな祭り当日は、両親・親戚などを招いて、
盛大に食事会を行ない、赤ちゃんの成長を願います。

ですが、ひな祭りの主役である赤ちゃんが口にするのは、
ミルクや離乳食ですよね。

離乳食はペースト状ですが、
せめて色合いは華やかになるように考えてあげましょう。

ニンジン・いんげん豆・パプリカなどの色鮮やかな野菜をすり潰してあげると、
キレイに仕上げることができますよ。

お祝いに招いた両親と親戚には、
大人向けのメニューを用意しましょう。

出前や仕出しで料理を注文する家庭も多いですが、
自宅で用意する場合には、

・菱餅(ひしもち)
・ちらし寿司
・はまぐりの吸い物
・ひなあられ

といった、ひな祭りの定番メニューを準備したいですね。
その他にも、刺身や煮物、ケーキや桜餅といったものもいいですね。

ちなみに、ちらし寿司をひな祭りに食べるのには、
具のレンコンに先を見通す力、エビに長寿、
豆に健康でマメに暮らせるようにといった意味があります。

はまぐりは二枚貝で、他のものではピッタリ合わないことから、
結婚相手に恵まれること、夫婦になったら一生幸せに暮らせるように、
といった願いが込められているんですよ。

ひな祭りの初節句ではどんな服装をすればいい?

ひな祭りの服装と言えば着物と考えるかもしれませんが、
1日中ずっと着物でいるのは大変です。

確かに着物は可愛らしいですが、
着物にこだわらず、華やかな洋服でもいいですよ。

記念写真を撮影するなら、レンタルの衣装で済ませましょう。

赤ちゃんはすぐに大きくなってしまうので、
わざわざひな祭り用に買っても、着られる期間は短いですからね。

記念撮影は日程を前倒しして済ませておくのが普通なので、
3月3日にこだわる必要はありません。

ひな祭りが近づくと、
予約が混み合って写真撮影や衣装のレンタルが難しくなります。

記念撮影をするなら、
写真館や衣装レンタルのショップに早めに予約するようにしてくださいね。

ひな祭り当日の服装は、
ご飯を食べたりヨダレなどでどうしても汚れてしまいます。

なので、変にかしこまった服装ではなく普段着で十分。

後で外で着られるように、
可愛らしいワンピースを新調してあげるのもいいですよ。

初節句のひな祭りの祝い方!食事や服はどうすればいい? まとめ

初節句のひな祭りの祝い方や食事・服装のことなどを紹介しました。

意外に準備するのは大変ですが、
赤ちゃんが健やかに成長することを、
大勢の人に祝福されるといいですね。

ひな祭り当日は、記念にたくさんの写真を撮っておきましょう。

後々になって見返すこともでるし、
残念ながら初節句のお祝いに参加できなかった人にも、
後で見てもらうことができます。

赤ちゃんが無事に成長するよう、
しっかり初節句のひな祭りを祝ってあげてくださいね!

Pocket