初詣はいつまでに行けばいい?知っておきたい初詣のこと!

Pocket

8c955efbcfabc669cb2f29fdb1a321e0_s

皆さんは毎年初詣に行っていますか?

正月三が日を過ぎると、
なんとなく足が遠のいてしまいますが、
実際のところ初詣は、
いつまでに行けばいいのでしょうか?

今回は意外と知られていない、
初詣のことについて、
いろいろとお教えしますね。

Sponsored Link

初詣の意味と由来は?

初詣は「年籠り(としごもり)」という、
家長が大晦日から元旦の朝まで、
豊作や家内安全を願うために、
氏神の社に籠る習慣から始まりました。

この「年籠り」が時を経て、
大晦日の夜に詣でる「除夜詣(じょやもうで)」と、
元旦の朝にも詣でる「元日詣(がんじつもうで)」の、
2つに分かれます。

そしてこの「元日詣」が原型となり、
現在の初詣になっていくんです。

ところでこの元日詣。

江戸時代の頃は、
「恵方参り(えほうまいり)」
呼ばれており、
その年の恵方の方角にある、
神社や寺へ参拝し、
一年の幸福を祈っていました。

当時はその年の恵方の方角には、
祟り神がいない、
良い方角とされていたんですね。

それが明治時代に入り、
交通機関の発達などもあり、
氏神や恵方に関係なく、
身近な神社や寺に参拝する、
今のスタイルになったんです。

現在の初詣の形が、
最近出来上がったものだったとは、
意外で驚いてしまいますね。

Sponsored Link

初詣はいつまでに行けばいいの?

では初詣は、
一体いつまでに行けばいいのでしょうか?

先ほどもお話ししたように、
本来は元旦詣といって、
元旦に参拝するものでした。

「やっぱり元旦に初詣は行くんだ」
「元旦の朝はちょっと行きたくないな」
なんて思った方、ご安心ください。

実は現在の初詣には、
特にこの日までに行くという、
明確な決まりがないんです!

つまり、年が明けて初めてのお参りなら、
何月でも初詣なんですね。

ちなみに一般的な目安として、
初詣は「松の内」までに
行くとする考え方が多いようです。

関東な1月7日まで、
関西なら1月15日までに、
参拝するということですね。

お正月に参拝するのが初詣
そう考えるのであれば、
歳神様がいる松の内までが良い
ということなのでしょう。

4d48c8a6d27d1d8574d15b333a07015e_s

まとめ

初詣は、いつまでに行かなくてはいけない
というルールはありませんでした。

独身の頃は、元旦に初詣に出かけ、
参拝だけではなく、
神社の屋台も楽しんでいた私ですが、

子供が生まれてからは、
混雑を避けるために、
あえて三が日を過ぎてから、
初詣に出かけるようになっています。

つまり、初詣は自分の生活スタイルに合わせて、
柔軟に行っても大丈夫なんですね。

大切なのは一年の幸せを祈る気持ちです。

新しい一年を穏やかに過ごせるよう、
多少遅くなったとしても、
近くの神社や寺に足を運んで参拝してくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ