可愛い雛あられの由来とは?色の意味は?

Pocket

96b96fe84c8a476f49c083fc296c34e2_s

雛人形と一緒に飾られている、
可愛い雛あられ

あまりに美味しそうだったので、
毎日つまみ食いしてしまい、
ひな祭り当日には残りわずか…

そんな幼い日の思い出を、
持っている人いませんか?

今やひな祭りに欠かせない、
可愛い雛あられですが、
その由来を知っている人は、
意外と少ないのが現実です。

そこで今回は、
ひな祭りの定番お菓子、
雛あられについて、
その由来や色の意味などをお伝えしますね。

Sponsored Link

雛あられの由来とは?

雛あられの由来は、
昔の貴族の女の子が遊んだ、
現在の人形遊びと同じとされる、
「ひな遊び」から始まっています。

そのひな遊びの中には、
人形を外に連れ出し、
野山や川を見せる、
「雛の国見せ」という風習があり、

これを楽しむときには必ず、
ご馳走と一緒にお菓子を持って、
出かけていたんです。

なんだか今で言うピクニックや遠足のような、
イベントですよね。

実はこの時に持って行ったお菓子が、
雛あられの始まりとされています。

ちなみに当時の雛あられは、
同じく、ひな祭りの定番である、
菱餅を砕いて作ったという説があります。

そう言われれば雛あられと菱餅、
どちらも似たような色をしていますね。

Sponsored Link

雛あられの色にも意味がある!

では菱餅のように、
雛あられにも、
色に意味があるのでしょうか。

実はあるんですね!

また、雛あられの色の意味は、
3色、4色の場合で、
異なった意味があるんです!

・赤、緑、白の3色の場合
 
赤…魔除けの力を持つ、生命のエネルギー
緑…成長を願う、木々の芽吹きのエネルギー
白…純白な心を表す、雪の大地のエネルギー

3色の雛あられを食べることで、
自然のエネルギーを得て、
健康に過ごす意味が込められています。

・赤、緑、黄、白の4色の場合
 
赤…春
緑…夏
黄…秋
白…冬

季節を表す雛あられを食べることで、
娘の一年の幸せを祈る
という願いの意味があります。

いかがでしょうか。

どちらの場合でも、
親が娘を思う気持ちが込められているのは、
間違いないですね。

雛あられ

関東と関西で雛あられは違うの?

ところで皆さんは、
関東と関西で、
雛あられの味が違うことを知っていましたか?

一般的に関東の雛あられは、
甘い砂糖で包まれており、
米粒のように、
楕円形の形をしています。

一方、関西では、
醤油や塩味の雛あられで、
小さくて丸いおかき
といった感じなんですね。

ちいさな雛あられですが、
関東と関西で、
ここまで違うとは、本当に驚きです

ちなみにこの2つの雛あられですが、
平安時代の、
貴族の遊びから始まったことから、

関西で食べられている雛あられが、
元祖という説が主流となっています。

また、女子が気になるカロリーですが、
どちらも100グラム約330カロリー
となっているようですよ。

雛あられ1

雛あられには、
親が娘を思う気持ちが、
しっかりと込められています。

色の数でその意味が違っても、
また地域によって味が変わっても、
込められた気持ちは、
どれも同じなんですよね。

もしかするとこの思いが、
現在まで、
ひな祭りの行事が続いている理由
なのかもしれませんね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ