喪中での新年の挨拶はどうする?知っておきたい挨拶のマナー

Pocket

挨拶

いつものお正月ならば、
「明けましておめでとうございます!」
と普通に新年の挨拶をしますが、
喪中期間は出来ないこと、
皆さんはご存知ですよね。

では喪中で迎えた新年の場合
どう挨拶をしたらいいのかわかりますか?

年賀状は控えたけど、
会ったときに何と言えばいいの?

相手が喪中だった時は、
どう新年の挨拶をするのが正しいの?

そんなちょっと難しい、
喪中での新年の挨拶について調べてみました。

Sponsored Link

自分が喪中の時にする新年の挨拶は?

自分が喪中の時は、
たとえ新年の挨拶でも、
「あけましておめでとう」などの、
お祝いの言葉を使わないことが常識ですよね。

ですので喪中の場合は、
「おはようございます」のように、
普通の挨拶をすることが基本と言われています。

しかし実際に、
「明けましておめでとう」の挨拶に、
「おはようございます」と普通に返すのは、
おかしなことだと思いませんか?

そんな時は「おめでとう」の言葉だけを避け

「昨年はお世話になりました」
「今年もよろしくお願いします」

などの新年の挨拶で返せばよいでしょう。

また、せっかくの新年なので、
聞かれた場合以外は、
あえて自分から喪中は伝えないよう
注意してください。

この他に注意する点は、
新年の挨拶に訪問する場合です。

喪中に他人のお宅へ訪問することは、
「汚れる」という考えから、
嫌がる家庭があります。

できるだけ避けたいものですが、
どうしても行かなければならない場合は、
「新年そうそうお邪魔します」
と、やはり祝いの言葉を避けた上で、
お宅に上がらず帰るようにしましょう。

Sponsored Link

相手が喪中の場合の新年の挨拶は?

相手が喪中の場合はどうするか?
これは意外と簡単です。

その場合の答えは、
相手に合わせることが正解となります。

つまり相手が、
「明けましておめでとう」
と新年の挨拶をしてきたら、
そのまま新年の挨拶をする。

祝いの言葉を避けてきたら、
こちらも避けるよう対応するんですね。

例えばキリスト教のように、
相手の宗教によっては、
喪中という考えがない場合も多々あります。

ここは素直に相手に合わせましょう。

hand-819279_1280

会社の取引先へする挨拶の場合

まず、ここでお話しすることは、
会社などの法人には喪中がない!
ということです。

喪中はあくまで自分個人の状況。

つまり取引先への挨拶は、
自分個人がするものでなく、
会社の代表、または一員として
するものなんですね。

したがって、この場合は自分が喪中でも、
一般的な新年の挨拶をします。

公私を分けるというのも、
社会人として大切な常識だと考えましょう。
 
 
喪中の時の挨拶は、
いつもと少し異なりますが、
基本のルールを守れば、
特に心配はありません。

喪中だからと相手に気を使わせ、
ギクシャクさせないためにも、
新年の挨拶はきちんとしたいものですね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ