師走(しわす)の意味と由来を知ってますか?

Pocket

師走1

1年最後の月、
12月のことを師走(しわす)と言いますよね。

なにかと忙しいこの時期に、
この文字はピッタリ合っています。

師走の意味や由来には諸説あり、
なぜ師走と呼ばれるのか、
意外なことに、正確には分かっていません

今回はそんな謎がいっぱいの師走について、
お伝えしたいと思います。

Sponsored Link

師走の語源から知る意味と由来

昔は旧暦の12月から始まった師走

なので、本来は、
12月の下旬〜2月の上旬
師走といわれていました。

少し時期が現在と異なりますよね。

そんな師走ですが、
語源には数多くの説があります。

その中でも、一番主流となっているものが、
平安時代末期に書かれた
「色葉字類抄(いろはじるいしょう)」
という書物に出てきます。

当時は貴族の風習として、
1年が終わる感謝の思いを込めて、
お経を唱えたり、
護摩をあげたりしていました。

そんな時の僧侶の様子を、
「僧がお経を上げるために東西を走る月」
という意味で「師馳す(しはす)」
と記載していたんですね。

これを由来として、江戸時代中期には、
私達に馴染みある「師走」と、
文字が当てられたと言われているんです。

師走2

また、師走の「師」に当たる人物も、
時代によって多種多様な説が出てきます。

年末に帰省する儒教の先生だったり、
師団の兵隊だったり、

最近では、
プレゼントの用意で忙しいからサンタクロースだ!
なんて子供も。

その時代ごとで、
身近にいる忙しい人が「師」に当たるなんて、
面白いですね。

Sponsored Link

他にもある師走の意味と由来

他にも師走についての説があります。

・年が果てる月から、
「年果つ(としはつ)」と言われ、
そこから「しわす」と変化した説

・仕事を年末までに終わらせる意味から、
「仕極つ(しはつ)」
と言われたことが語源とする説

・四季が果てる意味の、
「しはす」から来たという説

・物事を為し終える意味の、
「為果つ月(しはつつき)」
を語源とする説

など、まだまだたくさんあります。

ところで、
このたくさんの説には共通点があるのに、
あなたは気が付きましたか?

それは全て、
何かの終わりを意味していること。

sunset-476465_1280

そういえば、始めに話した説も、
一年の終わりを感謝する、
僧侶の様子からのものでしたっけ。

つまり師走の説のほとんどに、
なにかが無事に終わった
という意味が隠されているんです。

「師走」「終わり」には、
深いつながりがあるんですね。

まとめ

師走の意味や由来は、
たくさんの説がありました。

そんな師走ですが、もし子供に
「師走って何?」
と尋ねられたら、

大昔から家族みんなで、
1年が無事に終わったことに感謝しつつ、
新しい年を迎える準備をする、
日本の大事な習慣だよ。

そう教えてあげて下さい。

いつもと違う気持ちで、
師走を迎えられるかも知れませんよ。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ