年賀状に一言添える文例 上司や親戚編

Pocket

年賀状

昨今の年賀状は、
ちょっと味気ないイメージの印刷
ほとんどですよね。

だからこそ年賀状には、
自分らしい一言を添えたいと思う人は多いはず。

でも、いざ書こうとしても、
なんて書けばいいのか困ってしまいます。

今回は特に一言に迷ってしまう、
上司・親戚への年賀状について、
お伝えしたいと思います。

Sponsored Link

年賀状に一言添える利点

では、一言の文例を伝える前に、
年賀状に一言添える利点について、
考えてみましょう。

先ほども少し触れましたが、
印刷だけの年賀状は、
味気ないと感じますよね。

そんな年賀状に
一言添えてあったら、
さらにその一言が手書きだったら。

単純ですが、
受け取る側の印象は格段に良くなります。

適切な一言を添えるだけで、
年賀状はあなたにとって、
自分をアピールする、
最高の有効手段となるんです。

この手を使わないなんてありえません。

年賀状の一言は、
みんなが思っている以上に重要なんですね。

Sponsored Link

年賀状一言文例 上司の場合

上司への一言は、
職場での人間関係を保つためにも、
重要なものになります。

そんな上司への一言には、

日頃の感謝の気持ち
今年の抱負
そして余裕があれば、
日頃、上司と接して気づいた、
彼らの行動や趣味について触れる。

これらを中心に書くとよいと思います。

これらを踏まえて書くと、

日頃の親身なご指導、
ありがとうございます。

昨年の経験を活かし、
今年は更なる飛躍とするべく、
努力したいと思います。

また、昨年の春からゴルフを始めましたので、
よろしければ今度是非ご一緒させてください。

というところでしょうか。

少し長いなと思われるでしょうが、
これくらい書かないと、
上司の印象には残りません

覚悟を決めて、
長めの一言を添えてください。

年賀状1

年賀状一言文例 親戚の場合

親戚の場合は普段のお付き合いで、
添える一言が変わります。

付き合いがある場合は、
自分の近況報告と、
相手を気遣う言葉とし、
付き合いがあまりない場合は、
堅めの定番な文章を添えるのが無難になります。

どちらの場合にも使える、
定番の一言となると以下のようになります。

御無沙汰してますが、
元気にお過ごしでしょうか。

お近くにこられましたら、
ぜひ遊びに来てください。

親戚への一言は、上司と異なり、
普段の関係によって、
文章のくだけ方に違いがでます。

親戚とはいえ、年賀のご挨拶なので、
あらたまった文章にした方がいい場合があるんです。

親しい中にも礼儀あり

くだけすぎて失礼にならないよう、
気を付けてくださいね。

まとめ

枚数が多く、
手書きで一言添えるだけでも億劫になる年賀状。

でもその一手間が、
相手に温かみのある言葉として伝わります。

新年最初のご挨拶として、
心を込めて丁寧に書きましょう。

ちなみに、
目上のかたへ年賀状を送る上で、
一番大切なのは、元旦に届くこと!

年賀状は早めに用意をし、
遅くても12月25日までに、
ポストに投函してくださいね。

Pocket

Sponsored Link

あなたにおすすめの関連記事はこちら!

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ